続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

「ストリート・オーケストラ」

f:id:beautifulcrown7:20181114121023p:plain

2015年ブラジル作品/原題:Tudo Que Aprendemos Juntos/セルジオ・マチャド監督/103分

 

「挫折した音楽のエリートが不本意ながらど素人の子どもたちの先生となり、子どもたちが思いがけない音楽の才能を開花させる」という話の枠組みだけ見ると、もちろん良いお話なんだろうけれど、どこかで聞いたかんじというか、公開当時はあともう一歩心動かされないままに見逃していた作品。

 

しかし、良い意味で予想と違った。

この作品は、そういうステレオタイプな感動を狙っただけの作品ではなくて、音楽の力その問答無用の強さが全てを変えたことのコアにあるということをよく承知して作られている。

人間の力よりも、むしろ音楽そのものの素晴らしさが、ものごとを良く変えていったのだと。それゆえ、音楽に注意深く作られていて、音楽映画としても魅力あるものになっている。

 

さらに、ブラジルのポップミュージックとクラシック音楽を融合的に使った表現やブラジル人らしい音楽の受け取り方といった様子を魅力的に描いて、「ブラジルならではの」音楽映画になっていた。

音楽はどれも音楽だ、とばかりに違うジャンルの音楽をジャンルの分断なくスムースに聴かせ、それぞれの音楽の魅力をストレートに感じられた。心から音楽を求め、楽しみ、体を動かすブラジル人の気質がよく伝わってきた。

 

ブラジル人監督がブラジルの人々と共に作り、生徒役もファベーラ(ブラジルの巨大なスラム街の呼称)で暮らす子どもたちからオーディションで選んで作っているから、当然ブラジルの現実がリアルに伝わる。

なぜ音楽と教育が子どもたちにとって切実なセーフティーネットになりうるのか。

どうしてファベーラの子どもたちはまともな教育を受けるのが難しいのか。

どのようにして彼らは社会からつまはじきに遭い、社会との深い分断が起きているのか。

ブラジルという国の現実を知るうえでも勉強になる作品。

 

 

この作品、人間を描く部分においては駆け足で物足りないところは多い。特に先生と生徒の関係性ができていく過程の描写はひどく手薄で、段取り的でさえある。

でもこの映画が重点的に描きたいのは、そもそも「生徒と教師の成長と絆の物語」ではないんだと思う。

 

むしろ、そこに美しい音楽がある種の熱を持って介在した時に、人間に何が起こるのか。音楽を奏でることが人にとってどんなに大きな喜びと救いになるのか。

音楽がどれだけ人の心を豊かにするものなのかを大事に描きたいのだと思う。

 

主人公の音楽家は、エリートの競争的な世界でエリートの音楽を苦しみながら追求している。

ファベーラの子どもたちは楽器を奏でることではじめて自分に価値があるという喜びを知る。

どちらも同じ音楽であり、どちらもやはりただ音楽が素晴らしいから音楽を求め続ける人生だ。

 

そんな音楽の懐の深さを実感することがこの映画の値打ちと思う。

 

警察と住民との生々しい衝突やサムエルの死後行われたコンサートは、実際のファベーラの中で撮影されているゆえの迫力があって、素晴らしいものだった。