続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

あとは、じぶんで考えてよ。

f:id:beautifulcrown7:20181030113033p:plain

(宝島社HPより転載)

 

なんちゅう絵になるファミリーだなあ!

昨日の朝日新聞にこの広告が出たことを今朝知ってじっくりと読む。

 

広告は読売新聞版と2パターンあって、文章は、いずれも生前に樹木さんが喋っていた言葉の中から印象深いものを取り出して紹介したもの。

私は朝日の広告が、写真・内容ともに好き。

 

画像だと文字が小さくて読めなかったのだけど、宝島社のHPで公開されていたので、シェアします。

いい言葉を選んでるわけだけど、それでも改めてあっぱれだなと思います。

ああ、言霊が美しいなあ。肩の力が抜けていて。

 

 

絆というものを、あまり信用しないの。期待しすぎると、お互い苦しくなっちゃうから。

だいたい他人様から良く思われても、他人様はなんにもしてくれないし(笑)。
迷ったら、自分にとって楽なほうに、道を変えればいいんじゃないかしら。
演技をやるために役者を生きているんじゃなくて、人間をやるために生きているんです。
代表作?ないのよ。助演どころか、チョイ役チョイ役って渡り歩く、チョイ演女優なの。
自分は社会でなにができるか、と適性をさぐる謙虚さが、女性を綺麗にしていくと思います。
楽しむのではなくて、面白がることよ。中に入って面白がるの。面白がらなきゃやってけないもの、この世の中。
老人の跋扈(ばっこ)が、いちばん世の中を悪くすると思います。
病を悪、健康を善とするだけなら、こんなつまらない人生はないわよ。
死に向けて行う作業は、おわびですね。謝るのはお金がかからないから、ケチな私にピッタリなのよ。謝っちゃったら、すっきりするしね。
“言わなくていいこと”は、ないと思う。やっぱり言ったほうがいいのよ。
こちら希林館です。留守電とFAXだけです。なお過去の映像等の二次使用はどうぞ使ってください。出演オファーはFAXでお願いします。
このように服を着た樹木希林は死ねばそれで終わりですが、またいろいろなきっかけや縁があれば、次は山田太郎という人間として現れるかもしれない。
えっ、わたしの話で救われる人がいる?それは依存症というものよ。

 

あとは、じぶんで考えてよ。

 

さて、今日もしっかり生きていかなあかんな、と思います。