続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

「カメラを止めるな!」

ãã¹ã¿ã¼ç»å

2017年/上田慎一郎監督/96分

 

横浜ムービルにて家族4人で鑑賞。やっと見ることができたー。

この映画のヒットは、もう事件レベルの話になってきていますね。今後もどんどん拡大するだろうから、秋口には近所のシネコンでもきっと見られるような気がする。

東京のマニアックな劇場で地味に封切られたこの作品が今や全国150館以は上とは!

私たちが昨日見たムービルのスクリーンも、550席以上でほぼ満席だった。いやあ、えらいこっちゃである。

 

 

で、見てみての感想、ご多分にもれずとっても楽しかった!屈託なくギャハギャハ声を出して笑って、ひとときとっても良い気分にさせてもらったなあ。そして溢れる映画愛。エンドロールに切り替わった瞬間、じわっと涙が滲む。ありがとうー、という気持ち。

 

確かに有名な俳優は出ていないけれど、キャスティングが総じて良かったのが印象的。自主映画でよく見られるような、役者の演技で気持ちが削がれてしまうこともなかった。

 

しかし、何と言ってもこの作品は脚本が見事なことと、冒頭37分のワンカットようやったの功績が大きいなあ。金を使えばいいってもんじゃないよ、ということを身をもって示していて、実に爽快。

 

内田けんじの脚本を彷彿とさせる、用意周到に撒かれた伏線を後半でズザザザーっと底引き網漁的に見事にさらうように回収していく感じがわくわくと面白かったなあ!

ジャンルはホラーコメディということになるのだろうが、手法はミステリーのような頭脳駆使系の作品。アイデアとセンスが全てを凌駕する。

 そして何はともあれワンカット!の迫力もやっぱりアイデアとセンスの賜物。

 

 

なんかなあ、こういうのいいなあ。予定調和から全部気持ちよーく外れて、ちっとも訳知り顔でなくあっけらかんと明るくて、でも雑でも稚拙でもない。

 

変な言い方だけれど、搾取されている感じがどこにもなくって、ただただ元気をもらえる感じがする。そういう心映えのものが今貴重だよなと改めて思う。