続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

復活

さて、今日はコラムを1本、今日は仕上がらないだろうけれど。

余った時間でオケの役員仕事、14時からヨガ。

だんなさんを名古屋に送り出したら、今日はしばしひとりだ、わーい。

このところ、座ってPCに向かう時間が長くなりすぎているので、体をもっと動かさなくちゃ。

 

昨日は庭の掃除をやって、すごく気持ちがさっぱりした。蚊にぼこぼこ刺されてしまったけれど。

 

毎年、地域の花火大会の日にだんなさんの知人友人をまとめて人寄せすることをやっていた。昼間から庭でBBQして飲んで喋って、日が暮れたら海へ行って花火を見て。戻ってから深夜までまた飲み続けることもある。

 

東日本大震災があった年、とてもそんな気になれないよね、と取りやめた。その後、馴染みのコアメンバーが移住したり、友だちに生まれた下の子が障害のある子で一家はケアで大変になったり、カップルが別れてしまったりしていろいろ疎遠に。

そして、我が家の正面の空き地に建売り住宅がみっしりと建って、要塞みたいに家を取り囲まれてしまったこともあって、すっかり人寄せする気を失ってしまっていた。

気がつけば7年。

 

移住していた人が引揚げて東京に戻ってきたり、障害の子は手術で随分良くなる見通しがついたり、新たに招待したい人がいたりして、「久々に今年はやりたいねー」と春から言っていただんなさん。億劫もあるが、気負わず久々のおもてなしをしよう。

 

こういうことは、細ーく長ーくやることに、何よりの値打ちがあるのだ。日頃のご恩返しの良い機会。