続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

「アイ・トーニャ 史上最大のスキャンダル」

f:id:beautifulcrown7:20180525102305p:plain

1994年のリレハンメル・オリンピックでの、トーニャ・ハーディングナンシー・ケリガンの騒動のことを、うっすらと覚えている。

 

事件のことは表面的にしか知らなかったけれど、トーニャの事、なんとなく品がなく文句ばかり言い立てているイメージがあって、お嬢様然としたナンシーに比べると分が悪い存在に見えていた。

 

その後はすっかり彼女のことを忘れてしまっていたが、昨年この映画がアメリカで公開された時から、興味津々だった。

 

実の母親に精神的、肉体的DVを受けながら育ち、夫にもまたDVとストーキングに苦しめられ続ける中、オリンピック出場まで上り詰めた才能あるスケート選手だったトーニャ。

事件後、彼女は卑怯者として蔑まれ、笑い者にされて、スケート界からは永年追放された。

 

真相は、予想を超えたものだった。この、微妙で入り組んだ真相をニュアンスに至るまで正確に伝えるのは、この形でしかありえなかっただろうという意味でも、この作品が作られた意義はとてもあると思う。

 

それにしても、馬鹿たちをあなどってはいけない。あまりの馬鹿パワーがおそろしい形で爆発し、見る者を呆気に取らせたこの作品。常識を超えた、さらにねじまがったコンプレックスを抱えた馬鹿にはよくよく気をつけるべし、というのがこの映画の隠れた教訓のひとつだ。

 

 

しかし、教訓や意義なんかよりも、この映画はまずもって面白いのが最高。

主演に「スーサイド・スクワッド」でクレイジーで強烈なヒロインを演じたマーゴット・ロビーを抜擢した理由はよく分かる。(彼女は脚本に惚れ込んで本作のプロデューサーもしている)

 

トーニャを取り巻く現実は、低俗な人々からぶつけられる暴言や暴力に満ちていて、普通に描けば痛ましいものなのだけど、監督はどこかユーモアを含んだあっけらかんとした目線で、痛ましい現実をぶちのめすみたいなパワーでもって、彼女の人生を力強く描き出している。

きれいごとを吹き飛ばす迫力と、同時に不器用でいじらしい純粋さを垣間見せながらトーニャの生きざまを描きたかった。それにはマーゴット・ロビーだ、と監督は思ったに違いない。そしてその試みは素晴らしく成功していると思う。

 

 

またこの作品、脚本が素晴らしい。幼少期から彼女の人生の頂点であるオリンピック、さらに事件によって全てを失うまでの道筋を、彼女がどのようにして「あの」トーニャ・ハーディングとなっていったのか、また、どんな目に遭っても彼女から損なわれなかった純粋なものとは何なのかということが、物語から簡潔に、またしみじみと伝わってくる。

テンポの良い編集やファンキーな音楽も見事。たるむ事なく一気に見せて飽きさせない。

 

映画として面白くあることを一番に、しかし面白ければなんでもいいということではなくて、生い立ちに恵まれず人生の罠にはまったトーニャの人生に寄り添い、リスペクトする姿勢が作り手にあるから、こんなに下品な暴力や暴言の描写が多くあっても、この作品自体には気品があるのだと思う。

 

私が一番感動したのは、彼女がスケート界から追放され、落ちぶれてから、ボクサーとして復活を果たすシーン。

人々の見せ物になって、殴ったり殴られたり、結局暴力の中で生きている。それでも、顔を腫らしても、相手をにらみあげながら何度でも立ち向かっていく。ぶちのめされた血まみれのマウスピースがリンクに飛ぶ。

 

あんなひどい母親でなかったら。もっと愛嬌のあるキャラクターで、周囲に愛されていたら。もっと裕福で、高い教育を受けられていたら。

いくつもの「もしも」を言っていても、1ミリの足しにもならない。どうあっても生きていくだけだ。そんなトーニャの強さにぐうの音も出ない気持ち。

血まみれでぐじゃぐじゃの顔で殴り合っているトーニャが愛おしくて泣けて来て、自分ももっと強く生きなくちゃいけないとすごく思った。

 

 

エンドクレジットでは実際の登場人物たちの映像という決まりのパターンなのだけど、母親のラヴォナと、ナンシー・ケリガン襲撃を首謀したトーニャの元夫の友人ショーンの座りのインタビュー映像が、完璧に映画で再現されていて、拍手&爆笑。

 

そして最後は、トーニャが一番輝いていた時、今まさに頂点をつかんだというトリプルアクセルを見事に決めた時の演技と彼女の最高の笑顔の映像が流れるという素敵なエンディングだ。

 

 

あけすけで、思ったことは何でも口にしてしまう、お上品とは言えないトーニャ。これからもいろんな人にいろんなことを言われ続ける人生だろう。

 

20年前、リレハンメルトーニャ・ハーディングの演技が振るわなかったことを、自業自得だくらいに思っていた冷たい観客のひとりだった私。私は何にも分かっていなかったし、これからもいくらでも間違うんだろう。その自分の当てにならなさを忘れてはいけないと思う。

 


Tonya Harding Is Glad She Isn't Competing Against Current Olympians

現在のトーニャが7才の男の子を持つ幸せなお母さんであり、この映画をとても気に入っていること、とても良かったなあ。