続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

是枝監督パルムドール!

週末はいつも、家族優先で全然仕事できないことが常だけれど、昨日はオケの役員仕事を休ませてもらったので、ゆっくりキーボードに向かう事ができて、今日のノルマはなし。よっしゃ。

 

f:id:beautifulcrown7:20180521094507p:plain

是枝監督、良かったなあ!!近年のカンヌやヴェネチアの受賞って、映画そのものよりも、出品する監督への長年にわたる貢献度が加味された合わせ技的受賞のにおいがしちゃうなあってところはあるし、社会的・政治的なメッセージへのエール的な受賞も多いので、作品そのものが是枝監督の最高傑作かというところは、見てみるまでは正直懐疑的ではあるのだけど、

 

でも、いろんな意味で是枝監督が高く評価され、国内外の映画界において影響力や発言力を増すことは、とっても喜ばしいことだと思う。

政治のことや社会のことなど、変な忖度をせずにおかしなことはおかしいとちゃんと発言するし(BPOの委員でもある)、日本の映画界全体のことを考えて映画人の環境づくりにも思いを持っているし、弱者や本質を見つめるまなざしがどの作品からも伝わってくる、気骨のある監督だと思うからだ。

f:id:beautifulcrown7:20180521101157p:plain

(映画公式サイトより。ケイト・ブランシェットエマ・ワトソンレア・セドゥーというなんちゅうきれいどころに挟まれて。ドゥニ・ヴィルヌーヴスパイク・リーもいてすごい画だなー)

 

日本映画の危機的な状況は、まずもってメーンストリーム作品のラインナップと個々のクオリティーを見れば一目瞭然だし、映画に限らず、政治・教育・芸術など全てにわたって悲しくなる程視野が狭いのが悲しいかな日本のリアルな現状だ。

 

先日も、だんなさんのFacebookでシェアされていた深田晃司監督の悲痛な叫びのような投稿を見て、嘆息したばかり。どこがおかしいって言い出したら、ほんとにきりがない。

 

映画監督は、作品を作るのが何より一番のことだから、是枝監督に過大な期待をするつもりはないけれど、このひどい状況を加速させる存在か、歯止めをかける存在かといえば、明らかに監督は後者だと思うので、いちファンとしてこれからも是枝監督と作品を応援していきたいと思う。

 

また、カンヌの選ぶ受賞作には懐疑的とは言ったものの、「万引き家族」は、私が一番好きな是枝作品「誰も知らない」を彷彿とさせるムードがあって、実はとっても期待していた。楽しみ!

パルムドール穫ったことで、きっと拡大上映されて近所のシネコンで見られると思うので、個人的にはそれが一番ありがたいー。都内や横浜への交通費、ばかにならないんだもの。

 

f:id:beautifulcrown7:20180521094812p:plain

そして、今回のカンヌでグランプリを穫ったスパイク・リーの「BlacKkKlansman」ものすっごく見たい!「Do the right thing」の頃の尖った、クールでヒップなスパイク・リーにまた会える予感で胸のわくわくが止まらず。しかも主演がアダム・ドライバーだもの。

 

今でこそニューヨークと言えば、ウディ・アレンジョン・カサヴェテスノーラ・エフロンノア・バームバックなど、いろいろなお気に入りの監督の風景が入り交じっている印象だけれど、高校生の時、一番がつーん!としびれたのは、そもそもスパイク・リーのニューヨークだった。あの頃、一番会いたい有名人だったなあ・・・・。コンスタントに作品は作り続けていたらしいけれど、いかんせん日本での露出は非常に少なく、また、作品がもうひとつ響かなくなってきて、2000年くらいから、めっきり見なくなっていた。うーん、こちらも楽しみ過ぎ。

 

Fワードでトランプやアメリカをばっさばっさと切りまくりの受賞スピーチをしたスパイク・リー。60才を過ぎてもやっぱり彼は彼だ。

 

「アメリカは民主主義の偉大な国?そんなのはクソ。アメリカは原住民の虐殺と奴隷制でできた国だ。それが歴史に織り込まれている。この作品はアメリカだけに限った話ではない。リーダーが、人々の倫理的な意思決定の方向性に影響を与える。極右的なことはアメリカだけでなく、世界で起きていること。俺たちは目を覚まさないといけない。沈黙していることはできない。これは黒人に限ったことでなく、皆の問題なんだ。だからこの映画は俺にとって、人々の目を覚ますための映画だ。今、ウソが真実かのように声高に叫ばれている」

 

リーダーが人々の倫理的な意思決定の方向性に影響を与えるという部分、実に今の日本にも重なる。

あの日大アメフトの監督、「私が指示したわけではなく、選手が勝手にそう受け取っただけ」って、誰かさんの言い草とそっくりではないですか。

ヘイトスピーチやらネトウヨやら。まさに(「まさに」っていう言い回し自体におえっとなる昨今だけれど)魚は頭から腐る、ということだ。

だから「BlacKkKlansman」、日本人にも必見の映画だと思う。何より面白いはずー!


BlacKkKlansman - Official Trailer (2018) Adam Driver, Spike Lee Movie HD

 

 

ともあれ、是枝監督おめでとうございます。万引き家族、フーテン家族で連れ立って見に行こうと思いまーす。