続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

宙ぶらりん

宙ぶらりんになっている事項があり、そわそわと落ち着かないが、自分にはどうすることもできないので、腹をくくって(って使い方間違ってる)今日は映画を見に行く。

 

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」。

シェイプ・オブ・ウォーター」のサリー・ホーキンスをまた見れる喜び!しかもイーサン・ホークが夫役。もうーー。

 

今週は、人と会う予定などもあって少しばたついているものの、ペンディングのままなら、どうしても見たい「タクシー運転手」を見に川崎にも足を伸ばしたい。

 

 

なんだろう、いろいろなことがありすぎて、思いが千々乱れている。

自分が何をしたいのか、何を大事にしていきたいのかということが、よく飲み込めないでいる。だからひとつも書けない。

ただお腹を空かせた家族はいるので、追いかけられるように日々の家事をこなしていくのだけど、こんぐらがった糸が頭の中にあって、ストレスはうっすらとしたほこりのように、音もなく降り積もって行く。

 

大きな淀んだ河がどうどうと流れて行くように、あらゆる思いが飲み込まれ、押し流されて行く感覚。

こういう時は、経験上、どうにかしがみついて、手触りのあることをひとつでもきちんと完結させようとするしかない。ひとつひとつ。

あとはいつもの通り、掃除をすることと庭仕事をすることに頼る。