続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

自分を可愛がる日

昨日は、やっとこ時間を作ってNさんちにてヘナをしてもらった。

もう髪が大変なことになっていて、先週のインタビューではベレー帽をかぶってしのいでいたくらい。はーやっとこ。

 

どうせならいちんちがっつり休むぞー!と、朝から一緒に農協の産直所できれいなお野菜をたくさん買い込み、近くの「カメイノ食堂」でランチ。

 

久々で、飛び込みで行ったのだけど、やっぱりここいい店だーって思う。

平日で、しんとさびれた団地のシャッター商店街の隅っこにぽつんとあるのに、笑顔の人々で温かく賑わっている。

店員さんもテンション高くないんだけど、気取りなく、機嫌の良さそうなにこっとした感じ。

そして何より料理を食べた時の滋養感・・・。

いつもちゃんとおんなじ味、あんまり変わらないおかずなんだけど、少しも雑になってない。丁寧に作られたものの味がする。

食べた瞬間にじわーっと広がるこの感覚、ほんと感謝しかない。

 

近所のおしゃれ定食屋さんも、はじめはこうだったんだけれど、だんだん荒くなってきて、「これくらいまあいいでしょ」っていう感じ、もっと楽にやりたい感じが出て来て、だんだん足が遠のいてしまった。

ピンポイントで、気が向いた時においしいものを作れる人は、素人を含めたくさんいる。食べ物屋は、いろんな意味で長く飽きず安定させるというのが一番難しく、一番尊いことだなあと思う。

 

月変わりのレンズ豆のスープが、まじで旨かった・・・。Nさんも、「ここはまた来たいっての分かるわ」と喜んでくれたので良かった。

 

HPないけどブログがあった。近場で興味ある方はぜひお試しを

https://ameblo.jp/kameinosyokudou/

 

そしてNさんちでヘナ。いつもおいしいいろんな香りのハーブティーを飲みつつ、ヘッドマッサージや足のあたためも一緒にやってくれる。いい香りのエッセンシャルオイルを気分で変えてヘナに混ぜて、いつもほんとに気持ちがいい。ここんところの疲れが滲み出して来て、とても目を開けていられない〜。

 

家に帰ってすぐに、とっても良いお通じが(笑)。体は正直だなー。

毎日楽しいことだけしてると飽きて来るけど、定期的に自分を可愛がる日をちゃんと作ってあげようこれからも。と思った。