続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

♥湘南ライナー

昨日の帰りは、たまたま湘南ライナーに乗れた。わーい。

こざっぱりとしているのにしんみりとした独特の昭和感にめっちゃ癒される。どことなく演歌的な世界がなんともいいなあ。

f:id:beautifulcrown7:20180130112033j:plain

駅の売店で、おじさんに混じってビールとつまみを買う。おじさんごっこ。

どんよりと疲れた帰り道が、ちょっとした小旅行気分に。読書がはかどるが、空腹にビールでちょっと酔っぱらってしまった。

この窓を開ける器具、なつかしいー。子どもの頃、窓を開けたくっても、重くてなかなか上がらなかったものだった。そういえばその頃はまだ車両の中に灰皿がついていた。皆普通に車内でぷかぷかやっていたんだ。今では考えられないなあ。

f:id:beautifulcrown7:20180130112203j:plain

 

私は「明日のことは明日考えよう」(by栃ノ心)とばかりに盛大にぼへーっとしていたが、鞄の中の携帯電話はずっと誰かのメールのやりとりを受信し続けていた。

年をとって、無理が利かないっていいな!と思う。もうお手上げだもん。

なまじっかやれちゃうと、人間やっちゃうんだよなあ。

携帯電話を見もしない。

 

朝起きて、いつもの通りゆうたのお弁当を作って(肉が何もなくて焦る。ツナとキャベツ炒め、ほうれん草とコーンのバター炒めという、どう見ても副菜なおかずを主菜として多めに作ってぎゅっと押し込み、玄米の上に昆布の佃煮を乗せる。以上)、ほっとして携帯を見たら、夜中の2時前まで、人々のやりとりの応酬が続いていた。

うわー、ご苦労様です。

 

しかし。開き直るはいいが、無理が利かなすぎて、どちらかというとポンコツの域だ。もう昼前なのに、まだエンジンがかかりませぬ。とほほ。