続・みずうみ

小さく平凡な毎日の中で、自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

まったり

今年も家族みんな、元気にクリスマスイブを祝えて良かった。

いろいろあるが、本当に恵まれているなと思う。

 

今年は、(主に精神的に)しんどくって、近所の食堂がクリスマスだけお惣菜屋方式でやると言うので、そこの総菜を買うことに。ほとんど手のかからない、だーっと並べるだけのクリスマスの食卓になった。

恒例の「葦」のクリスマスケーキもおいしくいただいた。わいわいと楽しく、みんな健康で何よりだ。

 

ほんとに、来年はがんばって浮上しなければ!

 

夜、お父さんが帰ってから見たリチャード・リンクレイターの新作「Everybody wants some!」を、DVDで見るも、途中で見るのをやめてしまう。

今の時代に照らして、加えて今の自分の精神状況でもって見た時に、この映画に出て来るどこから見てもパッパラパーな人々に対して、少しの郷愁も、微笑ましさも感じられず、ため息が何度もほーっと出る。少しも笑えない・・・。私って堅物なんだろうか。

いや、年を取ったということなのだろうな。

この1980年代にアメリカで大学生だった人とかなら(監督と同年代の50代後半〜60代前半くらい)、きっと懐かしくって楽しいのかもと思う。

しかしまー、リンクレイターともあろうお人が。久々の★ひとつ。

 

 

主人公がヒロインの兄役でやはり出演していた、「スウィート17モンスター」は、普通に良いなと思って見たのだけど。

 

今日は息子の友だちが来ていて、リビングを占領してWiiタイム。

なんとなく手持ち無沙汰な中、なんとかおっちん用年賀状を作り終え、これからようやっとヨガだ。楽しみ。