続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

ウーマンラッシュアワー

シチューやポトフなんかを作った次の日のお弁当は、大抵筒型の保温スープジャーに残りを入れ、あとはご飯を炊いて梅干しをぽんと乗せるだけ。

昨日は山盛りおでんをこしらえたのに、ほぼ全部たいらげられてしまい、今日のお弁当に回せなかった。

なので、朝から鶏の照り焼きとほうれん草のごま和えを作り、残り物のおかずとかぶのぬか漬けを大急ぎで詰め合わせる。今朝は睡眠不足で飛び起きたので、何とか間に合って良かったー。

 

昨夜は遅い時間からだんなさんと「わたしはダニエル・ブレイク」を見ていた。

で、夜中の12時回って、そろそろ寝ようとスマホを見たら、「THE MANZAI」のウーマンラッシュアワーのネタがすごい反響になっていて、思わず動画を見る。

空気を切り裂くみたいなロックな漫才に思わず見入って目が覚めて、その後寝付けなくなってしまって参った。

お笑い界の帝王と言われる人が、時の首相と焼き肉会食したというニュースが報じられたのと同じ日に。

 

また、昨日はサルマ・ハエックはあちゅうさんの受けた信じがたい、読んでいるだけで胸が痛むようなセクハラ・パワハラの勇気ある告発の記事もたまたま読んでいたこともあり、自分自身は家族仲良く平和に過ごしていただけの小さな一日だったのに、なんだかざわついた落ち着かない気持ちだった。

 

そこにきて、

「王様ははだかじゃー!!!ベロベロバー!!」

と絶叫する人が出し抜けにあらわれて、胸のもやもやをがーっとひととき、笑いと共に振り払った。

 

 

「飛ばねえ豚はただの豚だ」

 

ダニエル・ブレイクも、ウーマン・ラッシュアワーも、「紅の豚」のポルコと同じ。損得や、ひとりぼっちや、やせ我慢を乗り越えて、

「人として格好悪くなることを断じて拒否する」ことは、見ている人を本当に勇気づけてくれるものなのだなあ。私もしゃんとしなくっちゃ。

村本のツイッターの画像は、ジム・キャリー扮するアンディ・カウフマンというのにもにやり。いいですねえ。 

 

かっこいいとは、こういうことさ。

 

f:id:beautifulcrown7:20171218105613p:plain