続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

無題

また一週間が始まった。

今日のお天気はぴかぴかで、空気もおいしく、ウッドデッキで太陽をいっぱいに浴びると、目を閉じても瞼の裏が眩しいくらいで、とっても爽やかな気持ち。

 

朝から天然丸出しの息子にひと怒り。子供らがばたばたと竜巻みたいに学校に行って、うそみたいにシーンとしてからも、まだぷんすかしつつ洗濯機を回し、キッチンを片付けがてら、昼食用の米を洗って出汁を取り、さつまいもを煮て大量のサニーレタスをサラダスピナーにちぎって入れ(一日1玉食べてしまう我が家では、サラダ野菜を洗ってスピナーに常備しておくのが結構大変&エンドレスな作業なのです。ちなみに日々の調達も大変)、布団や枕をウッドデッキに干し、ようやく書斎に入っても、もうすぐ切れる洗剤をアマゾンで注文したり、仕事や役員のメールのやりとりに結構な時間を取られてしまい、うわ、気がつけば昼近い。

 

そしてこれからだんなさんが都内でロケハンだから早めのお昼よろしくと言う。はあー。こういうアワアワした主婦の忙しさって、なんか切れ目も達成感も薄くて困っちゃうな。

しかし、急いでもひとつもいい事ない。押してもそれはそれとして、こつこつひとつずつ落ち着いて片付けるのみ。

 

さて肉を焼きに行こう。

キッチンのBGMは岸田さんの交響曲「シゲイチ」で。