続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

子ども祭り

今日は小・中学校ともに土曜参観日で、朝から子ども祭り。

普段通りの様子が見たいが、イベントぽい授業が目白押し。

来週の人の少ない時に、またちょこっと普通の授業を見に行ってあげようと思っている。

ひゃー、疲れた。

しかし親の勤めは果たした、さーどっからでも来なさい、とふんぞり返っている。へへ。

 

参観後のランチは、前から気になっていた隠れ家としかいいようがないくらい分かりにくいカフェ「トネリコ」で、自然食プレート。美味しかった。でも週末のランチどきにお客さんは私たちだけ。ゆとりのある方の趣味の店だよなあ。

 

急な話で、夕方から弟親子&義父が夕食を食べに来ることに。

もうちょっとしたらご飯作りせねばだ。何作ろう。

 

夫の家族は、亡きお母さんはほぼ料理をしない人だったし、弟くんのお嫁さんも相当家事が苦手な人。というか、もう3年は私たちもお父さんも彼女に会っていない。お正月ももうずっと来ていない。

同じ市内に住んでいるのに・・・・謎の弟くん一家だ。

 

多分、夫婦が上手くいっていないんだろうということは、さすがに誰でも分かるけれど、子ども小さいのにこれからどうするんだろう、と思いつつ、弟くんは何も言わないし、だんなさんやお父さんも聞かないので(なんで?と思うが)、私も当然いない人みたいに不自然な自然さで振る舞うことになる。こういうの気持ち悪いんだけど、そして何かできることはないのかなーとも思うのだけど。

Xデーはいつか来るのだろうなあ。甥っ子のことを思うとつらいなあ。

 

そんな訳で、私なんかの料理でいいの?と思うが、彼らは手料理に常に飢えた人々ゆえ、外食よりも我が家ご飯がいいみたい。

面倒な時は面倒と言うし、今みたいに余裕がある時は、たまには頑張ってやろうかなと思っている。

 

 

宮崎チルドレンのおっちん、宮崎さんがまた(引退を撤回し、)長編新作を作るというニュースに大喜び。

ファンのひとりとしては、健康を心配しつつ、無事完成できることを祈るのみ。

 

「君たちはどう生きるか」というなんともどストレートなタイトルは、昔の同名の小説から取ったとのこと。漫画版を「読みたーい!」と言うので購入したのがさっき届いた。すごい気迫の表紙だなあ。私もおっちんの後に読んでみようっと。

さて、面白いかな?

f:id:beautifulcrown7:20171111152105p:plain