続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

遊ぶのだ

開き直って遊ぶのだ今日は。

友だちとのランチ(キッシュ&いちじくのショートケーキランチ。旨し)からさっき帰ってきたら、だんなさんが3時からの「DREAM」見に行こうと思って、というので、「あ、私も行くよ」と乗っかる。

いーよいーよ、夜やればいいよ、と頭の隅にタスクを追いやりつつ。

 

今日は、長袖のパーカーがちょうどいい陽気。黄色いお気に入りのパーカー、1年ぶりに袖を通す。わーい。

服装的には、秋・冬が楽しい。小太りなので(苦笑)、夏はなんだか何を着てもがっかりしてしまって(笑)。

コートを虫干ししたり、気に入りのとっくりセーターを引っ張り出してきたり、冬支度にわくわく。

 

昨日だんなさんと雑談していて、私の周囲の友人知人のママさんたちは、できることならみんなすごく働きたい、外に出ていたい人たちばっかりだよね、と言われる。

例外もちらほらいるが、確かになあ。

みんなみんな、どちらかというとかなり忙しい。

それで、だんなさんが仕事でご一緒したという知人夫妻の、忙しーい家庭での忙しーいやりとりの様子を聞いていたら、

つくづくと、忙しいのもういいや。人生、何も成し遂げなくっても別にいいのだよ、と改めて思った。(とはいえ、躁のゾーンに入ってしまう事がままある私なので心許ない)

 

いろいろあるけど、この10月も、自分なりにできることはやり、あとはさっぱりとご機嫌に過ごせますように。