続・みずうみ

小さく平凡な毎日の中で、自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

自分の身を自分で守るということ

涼しくて快適だなあ。

久々の何もない土曜日、9時まで寝坊の幸せ。

 

息子は6時過ぎから陸上の朝練。

9時に爽やかに帰宅した声で目が覚める。

そして部活の友だちを3人呼んで家で賑やかにwiiをしている。

一日の濃ゆさがこの時点で相当違うなあ。

 

下の子は、最近オーボエに熱が入っているよう。クリスマスコンサートで演奏する「Sleigh Ride」の練習をしている音が階下から聞こえて来る。

年を取ると、年々季節のイベント感を感じられないようになってくるけれど、子どもたちのオーケストラのちょっといびつな可愛らしい「スレイライド」を聞くと、「ああ今年も何はともあれみんな元気でクリスマスを迎えられたな、幸せだな」といつも思う。

 

子どもに家を占領されて、だんなさんは追い出されるように波乗り。

私は書斎で仕事しよう。

 

ありがたいことなんだれど、数珠つなぎのように仕事の依頼が来る不思議。

今は経済的に余裕があるので、自分がやりたくないことと、意義のあることしかしたくないなと思っている。ので、今回の案件は断る事にする。

 

 

一昨日のインタビュイーは、ファッション業界のクリエイター。ファッション業界の人って何人か取材しているけど、「ど根性な人が多い」という印象。クリエイティブうんぬん以前に、「気合いだ!出来ないって絶対言わない!」みたいなノリなのだ。わりに。

 

それでその方も、全くそのタイプだった。40才までにこの業界でこの仕事で生きていけるだけの基盤作りをする。そのために身体の動く30代はひたすら仕事するって決めた、と言っていた。毎日朝から深夜まで働き、休日は「基本ありません」。友だちと会ったり、遊んだりする暇も全然ないと言っていた。ああ、またこの手の方なのか。

がんばってて偉いなあとはもちろん思うのだけど、30代を越えてきたひとりの女性としては、何かあやういなあ、と心配になるような感覚の方が大きかった。

 

一人でフリーランスでやっていると、身体はひとつだから、心身がががたがたっと来た時にほんとにもろい。それがその方の魅力でもあり、個人的に人としてはすごく好感を持てる人だったのだけど、致命的に要領の良さが欠けている。

いつでも真っ直ぐに、顔を上げることなく、直線コースをがーっと走っているという感じのひとだった。闘牛みたいに。肩にぎゅうっと力が入っている。

上手いこと泳ぐ、サバイブする、ある種のそつのなさやドライさのようなものは、ひとりで、フリーランスで、クリエイティブの請け負い仕事をする人においては、結構必要な要素なんだろうな、と経験的に思う。

 

もちろん私とだんなさんにも、そんな器用な要素はない。ようく自覚しておりまする。だからこその着地点というものもわりに客観的に見えているし、身の程に応じたセイフティーネットを張ることで、身体も心も守っている、なんとかかんとか。

 

 

子どもの頃から派手で学校や先生ともぶつかって高校中退で、と聞くと、「不良だふまじめだ」と世の中的には思われるんだろうけれど、こういう方を見ていると、誰よりもまじめだから中退したのだし、実際今、こんなに誰よりもまじめじゃないか、まじめすぎるじゃないか、と思う。

 

世の中の要請に応えることに懸命になりすぎて、自分をすり減らしているまじめな若い人を、いとおしいとは思うものの、「騙されてはいけないんだよ」とも思うおばさんの私がいる。

 

特に女性の場合は、気がつけば子どもをもう産めない年になってしまっているというケースが、身近に何人も。

子どもなんて好きじゃない、結婚なんて興味ないと言っていた人が、40才になってはたと我に返った時に深く苦悩する姿を何人も見てきた。

人間も動物だから、本能は壊れているけれど、それはあるのだから。人によって前後はあれど、おおむね40才というのは、否応なく生命が死に向かって下降しだす分水嶺だから、身体を無視したツケは容赦なく回って来る。

 

自分も若い頃にはけして気付けなかった。打算も計画性も何もない人生で、めちゃくちゃ働いていたし。

でも、旅人時代に本能や感覚をすごく取り戻したこと、視野が広がったことでずいぶんいろんなことが変わったんだな、と今になって振り返ってみて改めて思う。自分は巡り合わせ的にラッキーなだけだった。