続・みずうみ

小さく平凡な毎日の中で、自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

ブルーに生まれついて

まだ眠れやしないのでもういっちょ。

 

だんなさんが間違ってアマゾンプライムの無料体験をするをクリックしてしまった。我が家はNETFLIXも入っているので、1カ月後には忘れずに解除しなければならないのだけど、せっかくだからとウディ・アレンがアマゾン資本で作っている連続ドラマを見る。

 

例の心癒されるいつものオープニングは健在だったし、撮影のクオリティーは映画と何ら遜色ないものだったけれど、会話にキレがなく、役者さんもウディ以外は知らない顔ばかりで、演技も見劣りがする。全体に間延びした印象があってどうにものれない。

気がつけばソファでがーがー居眠りしてしまった。(それでこんな時間にぎんぎんな訳ですが)

 

面白い映画やドラマの法則。開始5分でもうどきどきわくわくしていること。エキサイティングとかノリが良いとかいうことではなくって、めっちゃ暗くても静かでも、面白い映画は胸がどきどき、これは面白いよと体が告げてくれるかんじ。どんなに眠くても目が覚める。逆の場合は残念ながら・・・というケースが多い。

 

だんなさんは、ウディ・アレンなりに今のひどいアメリカの状況に対して思うところがいっぱいあって、それをテーマや会話に乗せて彼らしく表現している、これはかなり意図的でポリティカルな作品だということで、一定の評価をしていた。でも私はやっぱり作品の魅力ありきで見てしまうな。

昼間の元気な時にまた見直してみようっと。

 

逆に、めっさ眠かったのに見出して1分でかきーん!と目が覚め、胸のどきどきとわくわくが止まらなかった映画は、イーサン・ホークチェット・ベイカーを演じた「Born to be blue」(邦題:ブルーに生まれついて)だった。

 

f:id:beautifulcrown7:20170718022452j:plain

冒頭のトリッキーな演出がいかにも洒落ていてにやりとさせられるし、やっぱりジャズはこうでなくっちゃ、というジャズそのものの空気感が画面に充満していて、ジャズの一番元気だった頃のタイムトリップをひととき堪能した。

 

イーサン・ホークは、味がある年の取り方をしたんだなあ。格好悪く、でもちゃんとどこか格好いい。捨て犬みたいな、みじめだけど放っておけない魅力があって、横顔もどきっとするくらいに似ていて。(似てるといえば、マイルズもディジー・ガレスピーもすごく似ていて、わーと感心しつつ、ちょっと笑った。だってマイルズのそっくりさんてどうしたって)

 

最近のイーサン・ホークは、自分とかプライドとかは二の次で、役者という仕事に本当にがっぷり四つ組んでいるという感じがする。どの作品を見ても好ましい。その中でも今作はピカイチで魅力的だった。

 

ロバート・バドローという若いカナダ人の監督にとって、これまでで一番のビッグバジェットの作品だったと思うけれど、すごくセンスが良くこなれていて、隙がなかった。いやあスタイリッシュだったなあ。

 

グザヴィエ・ドランもジャン=マルク・ヴァレもカナダ人。最近カナダ人監督の映画をよくいいと思うんだな。へー。

 

しばらく前は、ロドリゴ=ガルシアや、アレハンドロ・ゴンザレス・イリャニトゥとかメキシコ人だったなあ。何かあるのかなあ。

 

映画のことを考え出すとますます眠りが遠のくので、これくらいにしておこうっと。