続・みずうみ

小さく平凡な毎日の中で、自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

さて、考えるべし

押し出されるみたいにして、7月に突入してしまったーという感じだ。

今日はいろんな事務作業でこんな時間になってしまった。もう書くのはやめにして、久々にブログで近況を書き留めておこうっと。

 

ちなみに、午後は極力PCを触らぬようにシフトチェンジ中のこの頃。

 

もうそろそろ、インタビューの案件が一区切りを迎えそう。

今後も続くか分からないけれど、インタビューしまくる日々は、楽しいことばっかりだったなあ。

途中、忙しすぎて不義理も起きて、落ち込んだりもしたけれど、やっぱりインタビューは大好きだ。できればこれからも続けたい。

 

先週、自分的には総括になるような1日があった。1日のうちに立て続けに2人、物書きの大先輩にお話を聞くことができた。

30年以上のキャリアを持つルポライターのIさんへの取材、午後に別のインタビュー(CM業界の人だった)を挟んで、夜は青山ブックセンターのの本店で山田ズーニーさん×プロインタビュアーの木村俊介さんのトークショーへ。

 

一日を通じていろいろな示唆がありすぎて、とてもひとことでは書ききれないのだけど、物を書いて生きていくということがどういうことかということが、肌感覚でようく分かった一日だった。

実際に会って何時間か話を聞く、その人の顔の表情や醸しているムードやちょっとした対応なんかに接することは、100通のメールにも勝る情報量だとつくづく思う。

 

多様な職業の人にインタビューをする中で、仕事を職種で紋切り型に捉えることって、かなり的外れであって、鵜と鵜飼に大別されるんだなーとしみじみ思うことが多かった。そして、どんな組織にも属さず、個人で生きていくことは大きな自由だが、同時に搾取もとどまることを知らないというかんじだ。

 

とどのつまり、世の親たちが、子どもに勉強せい、ええ学校に入れと言っているのって、平たく言うと「鵜飼になれ」って言うてんねんなあ、と思います。

 

なかなか両方をできている人は世の中少なくて、それができてれば最強なのだけど、大抵は「鵜」は「鵜」ばっかだし、「鵜飼」は「鵜飼」ばっかりの人生みたいだ。

そして私もだんなさんもばりばりに「鵜」人生だ。まあそういうことなんだなー。

 

経済のこと考えるなら、物書きになっちゃいけない、とまで言っていたIさん。

ズーニーさんはこんな話を。ベネッセという大企業の管理職時代は、合理性に従ってするすると人の首を切ったりしていて、全く気にもしてなくて心が痛みもしなかった。フリーになって初めて、地べたではいつくばるみたいにやっている人たちの気持ちがわかった。同時に霧がさーっと晴れるみたいにして世の中のからくりが見えてきた、と。

 

呑気なノンポリだった自分が今、社会や政治の事も以前より日々気にして生きているのは、子どもを持ったことと「それだけ今がとんでもないことになっているから」だと思っていたけれど、会社員時代、社会の事を全く!!と言っていいほど考えなかったのは、「会社員」だったからかも。と改めて思った。

全てにおいて、当事者意識というか、コミットメントが薄かったのだ。

考えるようになったのは、ましてや自分が大人になって成熟したからなんてかっこのいいものでは全然ない。私なんて、立ち位置だけみたいなことなんだと思う。だから、人の事どーこー言えた義理では全然ないな、と改めて恥じ入る思いだ。

 

自分にとって大事なもの。大事な人。

もう折り返し地点を過ぎて、日々あちこち痛い中で油差しつつ生きてる限りある人生。

売り渡してはいけないたましい、おもねない心。

 

日銭稼ぎじゃ意味がないと思うよ。とだんなさんが言ってくれた。

ほんとにその通り。

立派にも、今さら金持ちにもなりたかないけど、どこで終わりが来てもあんまり悔いないようには整えていきたいもんだと思う。

この仕事の区切りにまたよーーくよーーーーーく考えてみなくちゃ。

 

今週から仕事もしつつメンテナンス月間に入ります。