続・みずうみ

小さく平凡な毎日の中で、自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

運動会

初夏の陽気の中、ゆうたの中学校の運動会。

町内会対抗綱引きに出れば、お弁当とお茶をもらえるので、気楽に手ぶらで学校へ。

 

春から陸上部に入ったゆうたは選抜リレーのメンバーに選ばれ、クラス対抗リレーでもアンカーに。どちらも1位は取れなかったけど、なんだか楽しそうに一所懸命走っていて、嬉しくて胸がじんとした。

 

毎年恒例の全員参加の創作ダンス、心はまだ幼い部分もあるんだけど、体はしっかり大きい中学生たちが、ありえないほどノリノリで、独特の振り付けのダンスを披露してくれる。

道端で会ってもろくに人の目も見ないような思春期中学生が、はじける笑顔で、奇妙な気合いのかけ声を発しながら、両手にポンポンを持って、スクールメイツ的なダンスを踊る。それはそれは独特な世界で、おおー、まじか・・・!と胸がどきどきするほど。うちの息子含め、全員が心から楽しそうにはっちゃけている。

知った顔を見つけては、あまりの衝撃的な面白さに何度もぶはっと吹き出してしまうのだけど、いやあ、これだけ自分を解放できる機会を持つことは、非常に貴重な経験だろうと思うわ。

ゆうたを連写して、撮れた画を見るたび、爆笑がとまらない。面白すぎる。将来彼女ができた時に、封印したい思い出No.1になることであろう。これはいざという時に使えるカードだ。母は厳重に保管しておくよ。

 

しかし今日も疲れた。子どもたちが大好きだし、こんなに早く大きくなっていくのはさみしいのだけど、自分が学校に行かなくちゃいけない期間は、とっとと早く終えたい。

ああーん、がっこにがて。高校はもう行かなくていいだろうから、あと4年か!

 

さて、今日は活躍した息子リクエストで、母子で回るお寿司に行ってきまーす。