読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・みずうみ

小さく平凡な毎日の中で、自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

「0.5ミリ」「百円の恋」

映画は劇場でみるのがやっぱり好きだし、日々時間に余裕もないと、家で見る映画は減る一方。相当放置されていたNetflix、もったいないから解約しよう、という話になり、その前にと気になっていた一本を見る。

 

f:id:beautifulcrown7:20170430131723j:plain

安藤桃子監督の「0.5ミリ」。ものすごく良くて、びっくりする。見る前にそこまで期待していなかったので、その高低差もあるんだと思いますが。

日本映画では、一番好きな女性監督といえば西川美和だったけど、「0.5ミリ」は「永い言い訳」を軽く超えてきたぞ。今後もフォローしていきたい監督がまたひとり加わった。

 

この作品にびっくりした理由はいくつもあるけれど、詰まるところ、それらはいずれも様々な側面からこの映画を見た時に、純粋にとても上質な作品だったということにつきると思う。

それもこれも、正直に言うと、彼女が奥田瑛二の娘さんで、七光りというのではもちろんないけれど、きっと普通の人よりはずっと機会に恵まれて来られた方なのだろうな・・・、という偏見があったということを認める。

プロデューサーはお父さんで、主演は妹で、他のキャスティングも奥田氏の人脈関連や、妹サクラの義父母(柄本明夫妻)だったり、そうした要素も、原因のひとつだとは思うが、まあ私がその程度の人間で、斜に構え、たかをくくってものを見ているということを突きつけられるようで、反省した。

この映画は、そんな浅はかな思惑をぶっとばす素晴らしいパワーを持ったすごい作品だと思う。

 

惜しむらくは、3時間18分という、この作品の尺である。やっぱり長すぎると思う。私らみたいな映画好きでも、ちょっと尻込みするもの、この長尺は。相当間口を狭めてしまっている。加えて興行的にも相当なマイナスポイントのはず。

 

もちろん、映画を観ると納得はする。そうならざるを得なかったのだろうな、と。こんな私が書く以前に、めちゃめちゃ周囲の人たちから説得されていただろうし。

 

要は、映画という媒体と制約に、この作品が噛み合わないんだな。

この作品は、テレビドラマ形式でやると、どんだけ良いかと思う。

作品は、主人公山岸サワが触媒のような役割を果たしながら、社会の中で疎んじられ、見捨てられた壮年から老年の男性たちの生き様をシビアに、愛情深くあぶり出して行く、オムニバス。

毎回、1人の男性登場人物に対して1話という、ドラマ形式で続き物で見られたら、どんだけ面白いだろう、と思った。社会的にも、ものすごく切り込んだ内容になっていくだろうから、物議をかもすだろうし、けれど、それだけにすごく意義深い作品になるに違いない。

テレビドラマで、このクオリティーがどこまで保てるかどうかはさておき。 

 

この、安藤サクラが演じる「山岸サワ」。映画を見続けるなかで、彼女のことが大好きになった。ある意味、最強の人で、こういうキャラクターを生み出した監督に敬意を感じるし、彼女を取り巻くおやじたちに向ける、監督のまなざしの深さと愛情深さに、もう感服してしまった。

安藤桃子監督は、今の日本で、誰もが見ようとしない、忌み嫌い、ないものとして目を背けようとしているところを、ぐっと目を見開き、足を踏ん張って、穴があくほどじーーっと見ているという感覚がある。

すごい、自分にはそんな深みはどこにもない、そういう打ちのめされるような思いに何度もなった。

 

結局のところ、映画を見終わって、まだまだ山岸サワに会いたくってたまらない、という気持ちなのだな。

 

この映画、好きすぎて、書き出したらきりがない。怖くて、可笑しくて、力強くて、ぐるぐると生きるエネルギーが渦巻いている。

誰もが醜くて、可愛らしくて、みじめで、誇り高いところをぐじゃぐじゃに持っている。固定化された切り口ってものがない。

何かを決めてかかって安心することができないし、他人事と高みから見物することもできない。

そういう映画だから、しかも3時間以上もあるのだから、本当に疲れる。

でも、だからこそ、すんばらしいのだ。

 

キャストひとりひとりに、拍手したいような気持ちになった映画は久しぶり。坂田利夫、と今書いただけで泣ける〜。津川さんも、亡き井上竜じいも、ほんま素晴らしかった。

そして安藤サクラには、目からウロコ、似たようなお人形のような美人な女優さんなら山ほどいるが、彼女はもはや、唯一無二。最高に奇妙で可笑しく、だらしないのに気合いがすごく、とにかくいかしている。こんな変わった人物をものすごい説得力で演じ、素晴らしかった。

見られてありがとう。また時間を置いて見返したい特別な1本。

 

それでまた、昨夜、「百円の恋」を見て、またサクラにやられた。えー!?とどん引きするシーンが数々。まあすごい映画だったが、きれいごとではない迫力が満ち満ちた作品。続けざまに見ると、ハードすぎるとは思う。

f:id:beautifulcrown7:20170430133749j:plain

不潔で無気力とか、本来はすごく苦手要素なのに、やっぱり一子が大好きになってしまった。ラストシーン、白目向いて倒れてる一子が愛おしくて泣いた。ボクシングがどんどん強くなっていくところ、やっぱり説得力と真実味がすごい。この人、格好良すぎる。全然自分とは違いすぎる人だが、ああいいなあと思う。

 

そして、昨日京都から帰って来た夫が、「関西の私鉄の広告で見たけど、サクラと桃子が某化粧品のキービジュアルになっていて、すごくきれいだったよ」と言っていた。

 

0.5ミリ」、やっぱり百聞は一見にしかずだ。姉妹のこれからの活躍が楽しみ。