続・みずうみ

小さく平凡な毎日の中で、自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

雑記(週前半)

おお、気がつけば3月も終わりに差し掛かっている。

ああ、光陰矢の如し。

 

ここ一週間の備忘録含め、雑記。

火曜日、雨の中、たまーーーに会う、唯一の小学校ご近所仲間、SちゃんMちゃんと駅前のオーガニックレストランでランチ。

情報通のSちゃんに、ここぞとばかり受験話などをまとめてレクチャーしていただく。内心、ますます「このゲームには極力参加しないでいいや」と思う。

これからものらりくらりマイペース路線を貫いて行こう、と心をかためる。

近所のむずかしい人や、役員を引き受けない「ずるい」他所のおかーさんの話など、やや閉口。しかし、エアポケットに入ってるがごとく、周囲のことを何にも知らない自分なので、はーーなるほどーーと口をぽかんと開けて聞き入る。

でも、極力関わり合いにならないようにしている自分も、色々言われてそうだなあ、おーこわ、とちょっとしょんぼりしてしまった。

 

Mちゃんは、私の知人の中で誰よりもちゃんとしている人だ。純正のA型人間という感じ。いつもこぎれいに美人で、お母さんを全力でやっている。そしてとても繊細で、色んなことに傷ついていて、だから子供には傷ついてほしくないとすごく思っている。お金で解決できる事には惜しみなくお金を投入する。

学生時代なら、畏れ多くて近づけなかった、別惑星に住む人だ。私は雑駁すぎて、相当呆れられているだろうと思うのだけど、今は色々協力しあえることがあるので、良くしてもらっている。

 

ロコモコランチは美味しかった。「ケール」という雑草みたいな食感の健康野菜を、生まれて初めてサラダで食べた。

 

水曜日、1週間ぶりのヨガ。生まれ変わった気持ちになる。水曜の先生さっぱりしていて、ちょっとSで、好きだな。

クラス後はスパで汗を流すのだけど、の水曜のスパはいつも混雑していて、いつもはのびのびと一人でおっさん的に過ごす山小屋サウナの中も、元気な60代のおばちゃんたちでいっぱい。でも、彼女等のおしゃべりがすっごく面白く、頭から湯気が出るまでつい居座って耳をそばだててしまう。

 

聞こえてませんよ、という風に装っているのに、こないだは

「やっぱりピンピンコロリが一番いいね!」

「最近は『PPK』っつーらしいけどね!」

というやりとりで思わず吹き出し、咳をしてごまかした。

 

別に聞かれててもいいらしく、面白い事言ったった!という瞬間に、

ドヤ顔で振り向いてアイコンタクトしてきた人もいた。

思わずうなずいてにやっと笑顔を返す私。

 

先週も、ドアを開けて入るなり、

「あんた、火葬と土葬、どっちがいい?」

というパンチ力のある会話が耳に飛び込んできて、よっしゃ、と思う。

でも今の日本人で土葬ってないでしょう、と思っていると、

どうやら皇族は今でも選べるらしいわよ、という展開であった。

 

高齢者が多い今のジムでは、たびたび倒れて搬送されるお年寄りがいる。

先日もひとりプールで亡くなったらしい。

「今日はお風呂混んでてこれじゃ帰れないよ」

「じゃあ泊まったら?こないだぽっくりいった◯◯さん化けてでるわよ」

わ、わるっ!

「△△さんのご主人もジムで倒れたらしくて」

「退会させられちゃうって奥さんすごい怒ってて」

「あなた、食べ過ぎよ!ってだんなさんに怒ってたから、食べ過ぎは関係ないんじゃない?って」

「ぎゃはははは」

 

何だか最強である。年をとるのも、死ぬのももはや怖くなくなってくるという勢いだ。デイサービス辞めてお年寄りロスだったので、元気なお年寄りみるとうれしくてにんまりしてしまう。

 

木曜日、ひたすら仕事。だんなさん春日部で遅かったので、夕方からは娘と「ラ・ラ・ランド」を見に行く。良かったー。