読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・みずうみ

小さく平凡な毎日の中で、自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

「ピクサー流 創造する力」エド・キャットムル著

book

今日で冬休みもおしまい。

正月気分は年々短く、お正月らしいぽっかり感はなく、ただの長期休みだったなあという感じ。風情がないことだが、仕方ない。

子どもたちが学校へ行けば、さて今年がはじまるぞ、という気持ち。

フットワーク軽く、ひとつずつやって行こう。

 

年末年始は折に触れてこの本を読んでいた。分厚い本だし、途中難解気味な理論パートが含まれているので、苦戦したけど、やっとこあとがきまで辿り着いた。いい本だった。

f:id:beautifulcrown7:20170109111235j:plain

 

映画好きのひとりとして、ピクサーには幾つものお気に入りの作品があるけれど、感心したり、不思議の思ったりすることが色々あった。

ずっと以前、どの映画を見た時だったかも忘れたけれど、ピクサーのロゴにもなっている、あの一つ目のデスクライトがぴょんぴょん跳ねる、ショートアニメーションを、他の映画の前座、コマーシャルのような形で流されているのを初めて見た。

なんだろう、やけにクオリティーが高いけれど、気軽な冒険心があって、わくわくするこの感じ。やがて、トイ・ストーリーの大ヒットがあって、作品を追うごとにピクサーはどんどん発展して大きくなり、次々と作られるすごい作品たちに毎回びっくりさせられたり、感動させられたり。

 

個人的に抱いていた、ピクサーに関しての興味をひとことで言えば、ごくごく素朴に、「どうして堕落しないのだろう?」いうことに尽きる。

このような長期間に渡って、1000人以上ものスタッフを抱える巨大な組織で、コンスタントな製作スピードで、そしてディズニーのような巨大で権威的で硬直的な組織に買収されながら、一体どうして「ぬくもりのある、心ある」作品を作り続けられるんだろうかということが実に不思議だった。

その答えだけでなく、答えを超えた多くの学びがこの本には詰まっていたなあ。

 

同時に、ピクサーがディズニーの子会社になった2006年頃から、ディズニー・アニメーションもものすごい巻き返しをはじめたことの理由もようく分かった。「ルイスと未来泥棒」以降のディズニー製作のアニメーションは、明らかに以前と一線を画する。

「巨大で権威的で硬直的」だったディズニー・アニメーションスタジオをピクサーのコア・メンバーたちが生まれ変わらせた一連の出来事に関する記録は胸がすくような、この本のハイライトのひとつだった。

 

本書の著者エド・キャットムルという人は、よく知らなかったのだけど、ジョン・ラサターとスティーブ・ジョブズと30年近くもがっぷり四つに組んで、数人のベンチャーから今の姿に発展させた、卓越した経営者であり、ピクサーが堕落しないようにありとあらゆることを講じた張本人だった。

 

全く隠し立てなく出し惜しみのない人なので、優れた経営、マネジメント、ひいては生き方の教科書として読めるし、同時にピクサーファンにとっては、彼らのストーリーを冒険のように楽しめる、わくわくするドキュメンタリーだし、終章のエドさんによるスティーブ・ジョブズに対する記述は、これまで見聞きした様々なジョブズ論が、皆色褪せるほどの説得力と魅力があって、最後は涙するほどだった。

彼の盟友のジョン・ラサターのカリスマ的魅力も、読み応えがあったなあ!

 

色んなことがクリアーになる、面白い読書体験で、新年早々色々考えさせられた。今年の方向性を示す一冊かも、と感じたので、書き留めておく。