読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・みずうみ

小さく平凡な毎日の中で、自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

静かなお正月

note

事もなく、2017年が始動。

年が明けてすぐ、熊野神社へふたりでお参り。深夜の焚き火と甘酒、ムードがあっていいかんじだった。

神社というところは、感謝をしに来るところで、願い事をしに来るところではないんだそうだ。と、直前にだんなさんが言っていたのに、いざお賽銭を投げてお祈りする段になると、〜〜でありますように、〜〜に恵まれますように、ととっさに願い事モード。私なんてそんなもんである。

 

昨日はおせちとお雑煮持参で、鎌倉のだんなさんの実家へ。弟くんと甥っ子もやってきた。

お父さんの案内で、天園ハイキングコースを建長寺方面へ。富士山は霞んでシルエットだったけれど、見晴し台は素晴らしい眺め。

だんなさんの実家周辺の雰囲気が、それほど好きでなかったのだけど、歩いてすぐこんなにいいトレッキングコースがあるんだと今更ながらに知る。天園の反対側には、散在ヶ池もあるし、下れば鎌倉湖畔も。

みんなでてくてく、歩いていると林でリスがつばきの花を食べていて、子どもたちと観察。

山道ではお父さんは、さすがに詳しく、いっぱしのガイドさんのよう。そしてすたすたと山道を歩いていく元気な姿をありがたいなあと思う。

鎌倉は、年を取ると良さが分かってくる場所なのかもなあ。

 

ただ今、子どもたちは書き初め中。だんなさんは籠って仕事。昼ご飯を食べたら母子で近所の神社へ初詣&バドミントンをしに。