続・みずうみ

小さく平凡な毎日の中で、自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

リオオリンピックはじまる。それと「We're The Superhumans」のこと。

部活はさっぱりとお休みして、息子はボーイスカウトの野営中。昨日は乗鞍岳に登ったそう。

彼がいないとさみしいけれど、お祭り男は非日常が何よりも好きなので、良い夏休みの思い出を沢山作ってね、と思う。

 

それで、昨日は台風近づく中、波が高いので家族で波乗りへ。だんなさんサーフィン、娘ボディボード、私は浮き輪。

あまりの波の高さに2度程巻かれ怖い思いをしたんだけれど、娘はもっともっととせがみ、だんなさんも沖から帰って来ないのでしょうがなくてなんとかかんとか付き合う。

そのうち陽が傾いて、私は海だから眼鏡をかけていないので、そんなよく見えない目でその光景を見ると、なんだか絵か夢のようにきれいだった。

暗くなる前に砂だらけで3人にこにこで帰宅した。

 

夜はオリンピックテニスのオープニングマッチ。バレーボールに押されてテニスがリアルタイムで観戦できず残念。スマホ用ライブアプリを急いでダウンロードして見たものの、わたわたして落ち着いて見られないまま、錦織選手あっさり勝利。

NHKは遅れて放送始めてライブでもなく、実に気が利かない。さすがNHKだー。

ともあれ、勝てて良かった。2回戦はオーストラリア、ATPランキング75位のジョン・ミルマン。初対戦。昨日の一回戦を6-0、6-0で制しているのは気になるところではあるけれど、まあだいじょぶでしょう。

 

しかし、オリンピック。金や利権にまみれて過ぎていて、ロシアの国ぐるみのドーピング問題もあったりして、イメージ最悪。しばらく前に撮影でブラジルに行っていただんなさんからも、現地の人たちがひどい貧富の差と治安の悪さの中、「どこにお金使ってんだ」という感じで呆れしらけていたという話を聞いていたので、あの華々しい開会式をちょこっと見てもどうだっていいなと思うばかり。次が東京(そしてあの都知事・・・)というのもげんなりする。

 

期間中は多分ひとつも熱くなることなく、静かにいつもの延長戦でテニスを見るだけでしょう。

 

そんな中、これはいいなと思った映像がひとつだけ。

日本のテレビコマーシャルが良くなくなって久しく、広告は嫌なものだなと思っていたけれど、このイギリス制作のパラリンピックのトレイラー、久々に広告見て拍手したくなった。構成も、音楽も、映像も、品の良いユーモアも、何より固定概念ががらがらと小気味良く音を立てて崩れ落ちる、その純粋に楽しさのある発想の転換。心意気を感じるなあ!


We're The Superhumans | Rio Paralympics 2016 Trailer