読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・みずうみ

小さく平凡な毎日の中で、自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

はじまりのごあいさつ

thought

新たな場所で、新たな気持ちでまたブログを始めることにしました。

 

観察する事、じっくり見たり聴いたり考えたりすることが、三度の飯よりも好きです。

 

素早く考えをまとめることが苦手です。人に何かを言われたり、あるいはニュースなり情報なりを聞いたり、映画を見たりしても、とっさに「それが一体どういうことなのか」「自分はどう感じているのか」といったことが自分自身で良く分からないのです。

 

それで、ずーーーっと、ひどい時には何日も何週間も、頭の片隅でもやもやとした考えを抱えて生きています。そして、それをうまいこと手放せないと、あくまで自分の感覚ですが、頭が膨張しておかしなことになってしまう、というか。

 

しばらく前に、個人的な行き詰まりを感じてそれまで何年間かつらつらと続けていたほぼ非公開のブログをクローズしたのですが、自分にはやはり、どうしても「脳みその霧を晴らす、考えの整理整頓をする」場が必要なようです。ひしひしとストレスを感じるようになってきたので、リニューアルすることにしました。

 

我ながら面倒くさい性質だとうんざりすることも多いけれど、ゆっくり考えて、その雲のようにふわふわと頼りなく曖昧だった事柄の意味が、ぴったりとした言葉に乗ってくっきりした輪郭を持ち、クリアーになってアウトプットできた時には、ものすごい開放感があり、これは結構自分にとっての生きる喜びのひとつに数えられるなあ、とさえ思います。なので、これはもはや趣味であり性分であり、私なりのサバイバル技術なのだと思ってこれからもやっていこうと思います。

 

そういう訳で、ここでは自分を取り巻く小さく平凡な毎日の中で、自分が驚いたり、嬉しかったり、悲しかったり、疑問に感じた色んなことを、ゆっくりと考えていきたいと思っています。

 

 

『イヤシノウタ』という本のなかで、吉本ばななさんが書いていたのですが、彼女の父である思想家の吉本隆明氏が、「水をお金を出して買うことが当たり前になった時に時代が変わった」と言っていたと。

 

「身の回りの世界を見ているだけで、父にはそれだけのことがわかったのだ。」

 

父である隆明さんは、あらゆる分野のあらゆる事象について多くの評論を発表したことで知られる、言わずと知れた「日本思想界の巨人」と称される人ですが、娘の回想からは、生涯外国に行くこともなく、病気がちな妻の分まで家事育児を目一杯にやりながら、何の華やかなこともなく、日常にまみれた生活者として生涯を送った氏の面影が随所に綴られています。

 

f:id:beautifulcrown7:20160724161511j:plain

 

彼のように、どこまでも地に足のついた、自分のお腹の中から出て来た言葉だけを誠実に紡いでいくということ。そういう生き方がしたいと思っています。この軽薄な性格は生涯直らないとも思いますが、ほんの少しでも近づきたいと願っているのです。願わくは『雨ニモ負ケズ』の「デクノボー」と呼ばれる人のように。

 

 

私は、神奈川県の海辺の町、辻堂という場所で暮らしています。辻堂に移り住んではや13年になりました。

自由業の夫と中学1年生の男の子、小学4年生の女の子の4人家族で、映画館で見る映画と、ウクレレの演奏と、赤ワインが好きです。

 

今回、リニューアルするにあたって、ブログを少しパブリックなものにしようと思っています。以前と違って、自分の好きな友だち数人には、この事を知らせようと思っています。

でもま、私にとってのパブリックと非パブリックの境目は、「単なる愚痴を書かない。」という違いだけ、になるのかな?

いや、むしろ自分の考えを表明することのリスクを背負うということなのでしょう。それならそれで仕方が無い。小心な私がどこまでそう開き直れるか、実験の開始といったところ。

 

ですので今後も無難なことを書くつもりはさらさらありません。相変わらず考えは偏っていますし、誰かを傷つけるようなことも知らぬうちに書いてしまいそうです。

 

けれど「正直にまじめにできるだけようく考え、その上で最終的にはなるべく物事の明るい面を見ていく。」ということをモットーに、誠実に文字を綴って行きたいと思っています。それが自分を癒し、元気づけてくれる一番のことなので。

 

そして、もうひとつのモットーにしたいと思っていたのが、「コンパクトに短く書いてみたい」ということ、だったのですが・・・、どうやらこれは私には無理そうだ(笑)でも、できるだけトライしてみたいことではあります。

 

はじめのご挨拶からして、私らしく長ーくなりました。

更新は不定期ですが、1記事1トピックのため、同日に複数記事を書く事もありそうです。

ブログは個人的な備忘録も兼ねていますので、取るに足らない親ばか日記なども書くことお断りしておきます。思索、日記のほか、感銘を受けた映画や本、人や情報などもシェアしていきたいと思います。

 

さて!それでは今日もご機嫌で。