続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

thought

なんだっていいのだ

良いお天気!一週間がまた始まった。 今日はこれから美容院に行ってさっぱりしてくる。 そんでもって、先週のインタビューの原稿を起こし、頼まれ仕事のデザインの入稿用原稿も納めて、文章をふたつ書くのが今週のミッション。その後はいよいよ観念して苦手…

すいかとりだつ

https://twitter.com/zhtsss/status/1095952841481478145?s=20 朝から坂口恭平ファミリーのこの歌を聴いて、なんとも素敵な気持ち。 一度聴いたら最後、一日中ぐるぐる脳裏を回り続ける系の歌ですが、 とっても優しい気持ちにさせてくれる、元気をもらえる歌…

コミュニケイション・ブレイクダウン

昨日私学の合格発表があり、だんなさんは今、入学金を納めに高校へ行ってくれている。 振込とかではなく、今日・明日のあいだに必ず持参しなければならないのだ。 軽く1000人とか受験していたとのことなので、うん千万円というお金がこの2日間に学校内に持ち…

私学受験

本日息子、併願の私学高校受験。 昨夜、だんなさんと面接の練習をするなかで、どうしても志望理由が思いつかない〜と言ってネットで調べていた。 もう本当に、子供もそうだし、先生の立場ではさらに茶番だろうなあ、こういうの。 まあなるようになるであろう…

さよならテレビ

このところ、寒さが和らいでいてありがたい。 今日も昼までがんばって書いて、その後はヨガでさっぱりリフレッシュして、夜はお当番さん。 テレビがなくなって気がつけば1カ月以上経ったのだけど、誰からも何の苦情もない。てか、話題にものぼらない。 ドキ…

下降はじまる

1月らしく寒いが、良いお天気。 今日は昼、夜とダブルヘッダーだ。 ああ、めんどくさいな。 結局おっちんに移されてしまった先週からの風邪もようやく全快した。 水曜日にしんどいのを押してヨガに行ったのが良かったと思う。 ずっと続いていた喉の奥のちり…

ほんとうのことだけが書いてある

優太が特殊メーキャップ/現代アートの辻一弘さんの自伝「顔に魅せられた人生」を中学校の図書室で見つけて、朝自習の時に読んでたんだ、と持って帰ってきた。 おお、これ読みたかったやつだよ、と思い、早速借りてぱらぱらとめくって見たら、あまりに面白す…

対話の学習、人の意識と組織の考察

昨夜は、自治会の会合だった。 事情を分かってない、空気読めないキャラも逆手にとりつつ、素朴な体で「こうすれば?」を自分なりに言ってきたが、数ヶ月経って色々と見えてくるものもあり、昨日の帰り道はいささかしょんぼりしてしまった。 以前、うちに遊…

負の連鎖

もう順調にテレビなし生活に突入している我が家。(さっそくNHKを解約して、これは心からせいせいしている) テレビ処分前に見た、安楽死の必要を訴えているがん患者で写真家の幡野広志さんを取り上げた「クローズアップ現代」もまだ記憶に新しいなか、今朝…

音楽と映像について

今日はこれから映画館へ。マリア・カラスのドキュメンタリー。昨年から見たくて行けてなかった、またも音楽映画。 昨年末「ボヘミアン・ラプソディー」や「アリー スター誕生」を見て、改めて言葉で理屈づけできない音楽の持つ力の強さを感じた。 自分は地味…

2019年の抱負

朝からお雑煮を大量に作って、合間に実家に電話を入れてみんなで父と交互に喋り、昼前に鎌倉のだんなさんの実家へ。 弟くんファミリーとお義父さんと我が家で恒例の新年のお祝いをした。 子どもたちはお年玉もらえてご機嫌だったけれど、帰り道、だんなさん…

今年の思い(#MeToo、セッション-22など)

あと数時間で今年もおしまいかー。 今年ブログに書いたものをぱらぱらと振り返ってみる。 仕事でも目一杯文章を書きつつ、まだブログでこんだけ書いているのか、俺!?と思うと、なんかもっと適切に発露されるよりよい方法があるのではないかという空恐ろし…

「ビバリーヒルズ・コップ」

1984年アメリカ作品/原題:Beverly Hills Cop/マーティン・ブレスト監督/105分 なんか笑えるの見たいー、と子どもたちが騒ぐので、Netflixで見つけた懐かしい一本を視聴。うわー34年前の作品。 冒頭の、いかにも気楽なアメリカの日常といった、デトロイト…

さらば大学 最終講義 覚え書き

今日もきりりと寒いな。今年もあと2週間を切った!まじか、としか思えない。 今日もいろいろ書きたいこと、やりたいことありながら、まずは仕事しなくちゃだ。 源一郎先生の最終講義で印象に残ったことの覚え書き。 最終講義ということもあり、話が転がるに…

高卒就職の難しさ

今日は、久しぶりにだんなさんとラーメン屋さんに外食に行った。 だんなさんの好きな中華そば風のラーメン。おいしかったけれど、普段昼ご飯をあまり食べないので、まだもたれている。 夜もすぐにお腹が膨れるようになってしまったし、お腹が減った!と思う…

偏見と差別について

「ボヘミアン・ラプソディー」から派生して思うことをもうひとつ。 子どもの進路についての話を友人・知人・先生たちとすると、先日も書いたが、おしなべて「同年齢集団の規定のルートから落ちこぼれる」ことへの恐怖がとても強いことにびっくりしてしまう。…

「さらば大学」上野さん編

良いお天気!だんなさんはこの寒いのに波乗りへ。 私は午後からヘナ、夜は家族で日帰り温泉の予定。夕飯作らなくっていいや!わーい。 明学の源一郎先生の講義は上野千鶴子との対談。違う考えを持った人同士の対話だからこそ興味深く、実際、二人の意見の異…

先生!

昨日は役員のお当番だった。 日頃から社交的でないし、こもって文字ばかり書いているから、進んで苦手な人と交流するということが気がつけばほとんどない。周囲にいるのは、基本、好きな人ばっかりになっている。 昨日みたくそうじゃない人(って書くと角が…

三者面談

中学校の三者面談。 担任の先生のあと、学年主任にバトンタッチされる。小声で携帯で連絡を取り合っている。 その後、別室に呼ばれて、学年主任に相談に乗って頂く。へー知らなかったよ、という情報もいろいろ教えていただいて勉強になった。 帰ったのはもう…

想像力を働かす

仕事柄、さまざまな業界の経営者と話す機会が多いけれど、共通して思う事は、 「経営者は経営者の立場からものを見るのだな」 ということだ。 昨日の町工場のおっちゃん、いい人だった。こういう人が地道に一隅を照らし続けて、日本の製造業を支えて来たのだ…

町工場にて

うわあ、明日からもう師走なのか。 飛ぶように毎日が過ぎていくな。日々しっかり生きねば。 昨日は、町田。 まずまず良い取材ができて、気分が良かった。インタビュイーの町工場の社長さんが良い方で、取材後もひとしきり話し込んでしまった。 私は製造業の…

今後の基本姿勢

もうちょっと身辺の仕事のばたばたが落ち着いたら、同時進行的に「役員ワールド」についてルポを書き始めようと思っている。 誰に頼まれた訳でもない、完全に自分が書きたいから書くだけのことで、別に誰も宣言なんぞ求めてはいないのだけど。 先日「役員な…

晴れ晴れ

昨日、苦しんでいた原稿をなんとか脱稿して、久々の晴れ晴れとした気持ちを味わった。思い出すみたいに実家や妹に電話をして、長く話した。 私は書かないとものが考えられない性質のようなので、苦戦する合間につらつら「なんでオレはこんなにこの人の言うこ…

違うからこそ

今日は友だちと海にコンロを持ちこんで食べたいものを網で焼いて食べようー!という企画をしていたのだけど、あいにくの天気。 あっという間に冬になってしまったから、延期も叶わないかもしれないなあ。 それで急遽鎌倉まで足を伸ばし、もやい工芸や三留商…

役員システムとは何ぞや 3

1年苦行に耐えて、不幸の手紙みたいに次にそそくさとバトンタッチしたら、後はもう知らない。 大体、やっと内実が分かって来たころには1年が終わりかけているから、根本的な問題提起もできないまま、任期終了を迎えるという流れが毎年繰り返される。 なんか…

役員システムとは何ぞや 2

おっちんは最終学年だから、一応子ども会のまとめ役のひとりに任命されてるわけだけど、「一年間、何にもすることがなかった」と言う。 子どもたちはそれぞれアイデアを持っていて、もっと楽しい集まりにしたかったけど、何も聞いてもらえず、何もやらせても…

役員システムとは何ぞや 1

このところ、気がつくとぐるぐる考えていることを書いて手放しておく。 明日からまた取材・仕事モードに入るので。 しばらく前に、今、町内子ども会で役員をしてくれている顔見知りのお母さんから泣きそうな、悲鳴みたいなメールが来た。 まだ子ども会役員や…

小田嶋さんの「ボヘミアン・ラプソディー」

中学校が代休の優太は、今日これから近所のシネコンへ「ボヘミアン・ラプソディー」を見に行くという。 「分かるかなあ、面白いかなー?」と訊くので、 分かるは普通に分かるだろうけれど、面白いかどうかはその人によりけりなので、自分で見に行って確かめ…

友だちの家へ行く

ほぼ毎晩晩酌をするが、昨日は二日酔いだったので一日お茶で通す。 週末、横浜の友だちの家にだんなさんと家族で遊びに行き、楽しかったのだが、人んちで喋りながらだと気付かずついつい飲み過ぎてしまい、一体何十才だよオレ、なのですが、久々だったりする…

「ひつじ村の兄弟」

2015年アイスランド・デンマーク合作/原題:Hrutar/グリームル・ハゥコーナルソン監督/93分 イギリスとグリーンランドの中間にぽっかりと浮かぶ島、アイスランドの物語。 その名の通り氷の国で、圧倒的に強大な自然の中で生きる人々の暮らしを描く。 この…