続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

thought

毎日遅刻

夏の友だちとの旅行がキャンセルになった。宿の予約とか場所決めとか、炎天下でどこ行こうとかいろいろ億劫に思っていたのに、いざやめるとなると思いのほかがっくり。互いに家族を持つとはこういうことだ。私たちの世代は、自分以外の人のことを一所懸命考…

思い出した

踏ん張ってなんとか機嫌良くあろうと努めてはいるものの、精神状態がネガティブゾーンに入って久しいこのところ。 バロメーターのひとつは、人が怖く思えてしまうこと。他人が自分に対して良くない感情を持っていると感じてしまう時は、大抵自分のほうが他人…

うたかた的世界の人々

昨日ぽっかりひとりになったおかげで仕事がはかどり、締め切り前に先日のイベントレポートを無事納品。 先日のイベントは面白かったなあ。展示会場はすごい人出、活気があって、日本語・英語・中国語・韓国語・ロシア語が飛び交う。 ビジネスマンの合間にど…

人手不足

今日はこれから汐留へイベント取材。 中国人のベンチャー起業家とかがわんさかいるような場所で、普段まったく興味もつながりもない人々とビジネスだ。 いつも、準備を結構じっくりする方だけど、ブロックチェーンとかかもう、チンプンカンプンで頭が痛んで…

プラットフォームについて

しかし、今世の中を席巻しているAmazonを筆頭としたプラットフォームの商売って、ほんとになんつーか。 一周回って今の世の中では実はすごく値打ちのあるものや心映えや技術を持っていて、それを日々のごく普通のこととしてやってて、プロとしてすごいのに、…

人それぞれのワールド

昨日は車で八王子を往復。はーくたびれた。 圏央道、空いてて八王子も近くなってありがたいけど、長時間がらがらの高速道路を運転するのは怖くて体が硬くなるなあ。 取材先は、小さな仕出しお弁当屋さん。カオスのようなとっ散らかった事務所、床に汚れた毛…

今にフォーカス

朝起きたら、クロアチアが3-0でアルゼンチンに勝ってて、びっくり。日本の勝利もびっくりしたが、波乱だなあ。 サッカー、そんなに熱心には見てないけれど、やっぱりちょっと見ると天才たちの華麗な動きの華やかさに目を奪われる。素人目にもすごいレベルの…

怒りについて考える ④個人として在り続けること

これどこまで続くねん〜、と自分に突っ込みつつ。書き終わったら手放せるので、書き切ってさっぱりしてしまおう。 武田さんのインタビューでは、自分が以前からひっかかっていたいろんなことに言及していることも興味深く。「ドラマ半沢直樹」も、かなり自分…

怒りについて考える ③傍観について

私、時々ここでこーいうことを吐き出すみたいに書きますけど、普段ほとんど友だちとはそういう話をしません。家族では普通にするけれど。 たまに話の流れで政治の話が持ち上がると、「どうしてあんな悪い人がいるんだろうね!」とか、わりに普通に言っちゃう…

怒りについて考える ②あらゆる立場の人を慮ることはできない

以前、「世界一のクリスマスツリープロジェクト」について、考えを書いたことがあって、ちょっと読み返してみると、相変わらず同じようなことを考えている自分の進歩のなさに苦笑。 奇しくも武田さんのインタビューでこのトピックが取り上げられていて、かな…

怒りについて考える ①怒りを矮小化することへの怒り

今日も梅雨らしいお天気。庭の植物は生き生きと元気そうだが、気圧の関係か、うっとおしい空の色のせいか、頭が重苦しく感じるなあ。 今日は、じっくりと家の中で過ごす一日とする。 そうじもする。 最近、あんまり心が傷つくし、怒るのが嫌なので、ニュース…

「デヴィッド・レターマン:今日のゲストは大スター」

毎朝、朝練弁当シフトで、週末は朝ゆっくり眠れるのが本当に楽しみなんだけど、今朝は5時起きして、おにぎりと卵焼きを作る。 ゆうたが今日から広島・京都へ修学旅行。帰りは月曜日の夕方。 うだうだして、いつものように怒られながら行ってしまった。久々に…

ありえへん

心折れたついでに、もうひとつだけ先日すごく印象深く思ったことを書き留めておく。 帰国後、ちょっとしたフィーバー状態にある是枝監督が、先日某報道番組のコメンテーターとしてゲスト出演していたので、「あ、出るんやー」と思って楽しみに見た。 爽やか…

心折れた

昨日、はーしんどかったけど良いコンサートでよかったやね、と思いながら電車に揺られて帰って来て、一息ついて夜のニュースを見たら、新潟知事戦で自民党候補が勝利のニュースに、ずーんと落ち込む。 同時に、それはあんまり重要なニュースとしてすら語られ…

コンサートin横浜

激しい雨。窓からひんやりとした空気が入って来て心がしんと落ち着くなあ。 昨日は、横浜でゆうたの参加するオーケストラの公演だった。 半ワークショップみたいな企画で、大人のプロオケに子どもたちが入って、共にひとつの曲を作り上げるというもの。 この…

特別授業

昨日は楽しかったな。 優太の行くことになる塾の特別授業。帰ったら夜の11時近かった。 20才そこそこの若者がナビゲーターをつとめていて、手探りで作っていっている過程なところもあるから(それがいいんだけれど)、テーマが深く掘り下げられずじまいな部…

母子達者で。

昨日はヒカリエの中のレストランでランチしたのだけど、友だちの、 「渋谷で人に会っても、外には出たくないから、ヒカリエで十分なんだよね」 という言葉に深ーく納得。 渋谷って外に降り立つともう、何か途方に暮れるような気持ちになるのだよな。こんなに…

収穫

今日はしとしとと雨。静かで、薄暗くて落ち着くなあ。 今日からかかるまとまった仕事、どんだけめんどくさいんやろうと戦々恐々としていたのだけど、ふたを開けたら結構シンプルなものだったので、ほーっと一安心している。 一日3本程度さくさくっと書いて、…

小さな抵抗

そろそろ降り出すだろうか。重たるく、湿り気のあるうっとおしい天気だな。 今、生理でお腹が痛いので、何となしに機嫌も悪く、今日はヨガもできないから、一仕事終えたらまた映画を見に行くつもりでいる。 週末から昨日にかけて、必死のぱっちで原稿3本、ま…

日大元監督とコーチの謝罪会見に思うこと③未熟な老人たち

③さて、今日も一日元気でがんばろうー!お天気がいいので、さくさく働くぞ。 と、その前に、もうひとつだけ日大アメフト事件に思うことを書き留めておく。 選手の会見に比べて、監督とコーチの会見への興味はそもそも薄かった。相当長時間会見をしていたらし…

日大アメフト部選手の謝罪会見に思うこと(②魚は頭から腐る)

ぐっと息を詰めるように昨日の会見を見ていたら、1時間近くが過ぎていて、もうヨガには間に合わなくなってしまった。それだけ集中して見ていた1時間だった。今日は雨降りだけど、頑張って行かなくっちゃ。 先日のカンヌでのスパイク・リー監督の受賞スピーチ…

日大アメフト部選手の謝罪会見に思うこと(①加害選手について)

昨日は、「アイ・トーニャ」の朝一番の回に間に合うよう、弁当やら朝ご飯やらを作りながら着替えて準備して、ダッシュで家を出る。しかし渋滞に巻き込まれてひやひやしながらなんとか10分前に映画館に到着。 映画がとっても良くて、ほくほくでだんなさんとラ…

あたまでっかち

一日が早いなあ。後1時間程で戻りますとだんなさんからライン。家が汚く洗濯物が詰み上がっているのでちょっと焦る。 今日は茅ヶ崎のMOKICHIで久しぶりの友だち2人に会って来た。ゆうたが赤ちゃんの時に知り合った人たちで、2人ともすごく若くで出産した、…

示唆に富むインタビュー

昨夜東京から戻ると土砂降りと強風で、駅を出ただけでびしょびしょに。 駅前に置いた自転車を置いて帰ることもできず、スマホの充電切れでだんなさんに連絡することもできず、覚悟を決めてずぶぬれで帰宅。傘を差すと危ないくらいに風が強かったので、思い切…

南北首脳会談

今朝はちょっと涼しい。 昨日、がんばって書き上げてしまったので、締め切りだった今日は何もすることがなし。わーい。 南北首脳会談の中継を横目に見ながら、衣替えと掃除の整える一日。 韓国と北朝鮮、良かったなあ!軍事境界線を互いに越えながら握手を交…

正気に戻った話

先週会った友だちとの話の中で印象に残ったこと。備忘録。 先週会った友だちが、ふとしたきっかけで私に「正気に戻った話」をしてくれた。 それは、彼女がすごく入れ込んでいたあるスピリチュアルな思想に対する信仰を一気に失ってしまった時の話だ。 それは…

ぼんやり兄

ごうごうと嵐みたいな雨風の音で目覚める。 今日はゆうたが午前・午後と別のオーケストラ練習。早起きして雨の中を出ていった。今はうそみたいに晴れ上がっているけれど。 昨日は昨日で、午前部活の強化練習会・午後は読響のコンサート(年間チケットを持っ…

アラーキーの一件から思うこと

朝から、うし、うし、うし、とひとつずつ確認しながら画像やらファイルやらを添付して、無事納品完了。 いぇいっ、と最後に送信ボタンを押してすっきり!したかったのになんか積み残し感・・・。いろいろと素材が多すぎるせいだきっと。 この一瞬の爽快感の…

ありがとう高畑さん/「かぐや姫の物語」再録

高畑勲監督が亡くなった。 有名人が亡くなってもほとんどが遠い世界の出来事だけれど、このニュースを聞いた時、珍しく「ああ、さびしいなあ、さびしいなあー」と思った。 それは、「大ファンです」というよりは、親戚のおじいちゃんを亡くしたのに近い喪失…

諸行無常

慌ただしい帰省を終え、帰りの新幹線の中。 京都でどばーと人が乗ってきて、隣はグラマーなインド系の女性。よく熟睡している。 今回の帰省は、痩せて車椅子に乗った父と、いたるところ満開の桜のイメージ。 遠くから数日だけやって来て、ちょっと散歩に付き…