続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

「女王陛下のお気に入り」

2018年アイルランド・イギリス・アメリカ合作/原題:The Favourite/ヨルゴス・ランティモス監督/120分/日本公開2019年2月15日〜 これは、権力の物語である。 そして、人間を観察するのが醍醐味の映画。 分かりやすいカタルシスなんてない。そんなもの、…

「ブランク13」

2017年/齋藤工監督/70分 この作品の題材と、言いたいことには共感する。 自分が誰かのお葬式に行った時に、自分なりにこういう人なんだろうな、と思い込んでいたものが、他の知らない誰かとの知らない関係性を見せられて心が揺らいだ感覚を思い出す。 経済…

「ピリオド 羽ばたく女性たち」

2018年インド作品/原題:Period.End of sentence/ライカ・ゼタブチ監督/25分/Netflix公開 (このところ、Netflix作品の紹介が増えているので、タグを作りました。 膨大に作品があり、さらにすごいスピードでコンテンツが増えて行くNetflixなので、視聴の…

「未来のミライ」

2018年/細田守監督/98分 夕飯後、まったりしながら家族で見る。優太はおっちんと違って音楽ばっかり、普段映画を全然見ないので、マニアックだったりシリアスな映画は無理。 細田監督作品は、「おおかみこども」と「サマーウォーズ」がお気に入り。ジブリ…

なんだっていいのだ

良いお天気!一週間がまた始まった。 今日はこれから美容院に行ってさっぱりしてくる。 そんでもって、先週のインタビューの原稿を起こし、頼まれ仕事のデザインの入稿用原稿も納めて、文章をふたつ書くのが今週のミッション。その後はいよいよ観念して苦手…

「クインシーのすべて」

ぽかんとした日曜日になると思っていて、やいやい言われるだろうから、どこかおでかけすることになるかな、やれやれ、皆が楽しめるところはどこかな、と起き抜けから考えていたんだけれど、 ふたを開ければ、各々好きなように食べたいものを食べ、子どもたち…

すいかとりだつ

https://twitter.com/zhtsss/status/1095952841481478145?s=20 朝から坂口恭平ファミリーのこの歌を聴いて、なんとも素敵な気持ち。 一度聴いたら最後、一日中ぐるぐる脳裏を回り続ける系の歌ですが、 とっても優しい気持ちにさせてくれる、元気をもらえる歌…

「バスターのバラード」

2018年アメリカ作品/原題:The Ballad of Buster Scruggs/ジョエル&イーサン・コーエン監督/132分/Netflix公開 うーむ、もう何はともあれ、映画見としてはネットフリックスの存在を全面的に受け入れて行くしかないんだろう。 最近見て一番感激したのは…

コミュニケイション・ブレイクダウン

昨日私学の合格発表があり、だんなさんは今、入学金を納めに高校へ行ってくれている。 振込とかではなく、今日・明日のあいだに必ず持参しなければならないのだ。 軽く1000人とか受験していたとのことなので、うん千万円というお金がこの2日間に学校内に持ち…

「ファースト・マン」

2018年アメリカ作品/原題:First Man/デイミアン・チャゼル監督/141分/日本公開2019年2月8日〜 デイミアン・チャゼルはつくづくセンスの良い監督。 表面的なスタイリッシュさなどではなくて、マニアックである。若い新鮮な感覚と、成熟した感覚の同居が…

私学受験

本日息子、併願の私学高校受験。 昨夜、だんなさんと面接の練習をするなかで、どうしても志望理由が思いつかない〜と言ってネットで調べていた。 もう本当に、子供もそうだし、先生の立場ではさらに茶番だろうなあ、こういうの。 まあなるようになるであろう…

さよならテレビ

このところ、寒さが和らいでいてありがたい。 今日も昼までがんばって書いて、その後はヨガでさっぱりリフレッシュして、夜はお当番さん。 テレビがなくなって気がつけば1カ月以上経ったのだけど、誰からも何の苦情もない。てか、話題にものぼらない。 ドキ…

「AI VS.教科書が読めない子どもたち」新井紀子著

養老先生が選んだ2018年の3冊のうちの1冊。もう1冊は以前読んで感銘を受けた鈴木大介さんの「脳が壊れた」で、残りの1冊は南直哉氏の「超越と実存 『無常』をめぐる仏教史」とのこと。こちらはちょいとハードル高そう。機会があれば。 新井先生の書いた文章…

「四月の永い夢」「栄光のランナー」

今日は朝から根つめて、昼過ぎまで映画の原稿にがっぷり取り組む。 優太は学校さぼって、受験勉強。 なんとかかんとか原稿がまとまった頃にだんなさんがパスタを作ってくれて食べ、すぐに友だちの家にヘナしてもらいに行く。 はああーーーデトックス。 来週…

「アンソニー・ロビンス あなたが運命を変える」

2016年アメリカ作品/原題 Tony Robbins: I Am Not Your Guru/ジョー・バーリンジャー監督/116分/Netflix公開 普段から自己啓発的なものをあんまり信用していないほうである。 自己啓発本も、ハウツー本もほぼ読まない。 そのときは「へー、ほううー」と…

「FYRE 夢に終わった史上最高のパーティ」

このところ、宙ぶらりんだ。 仕事にも正直身が入らないし(こないだ珍しく締め切りに遅れた)、優太の受験では文字通り月末までは宙ぶらりんだし、心身のコンディション的にも宙ぶらりんだ。 うだうだ、のらりくらりとなんとかやり過ごしている。 昨日は一日…

学校さぼり

今朝起きたらおっちんが「学校休みたい」と言うので、あっそう、とそそくさと学校に電話した。 毎年皆勤賞だったのが、先週の風邪休みで「学校って休めるんだ」と気付いたみたい。 これまでも何かあるたびに「学校なんて絶対行かなきゃいけないもんじゃない…

下降はじまる

1月らしく寒いが、良いお天気。 今日は昼、夜とダブルヘッダーだ。 ああ、めんどくさいな。 結局おっちんに移されてしまった先週からの風邪もようやく全快した。 水曜日にしんどいのを押してヨガに行ったのが良かったと思う。 ずっと続いていた喉の奥のちり…

「顔に魅せられた人生」備忘録

「顔に魅せられた人生」心に残った言葉 勉強というコンセプトがよく分からなかった。先生たちは受験用に教えているので、とても事務的で、何が面白いのかを教えられる人がほとんどいなかった。ただ覚えて記憶することに意味が見出せなかった。「教えー学ぶ」…

「顔に魅せられた人生」辻 一弘著

で、本題。 この本に感銘を受けたのは、全編を貫く出し惜しみない率直性と、そこまで突き詰めてやり遂げた人だからこそ見える風景と一周回って手にした真実の重みの迫力。 これまでの人生の出来事や、仕事における工夫や技術についても隠し立てするつもりが…

ほんとうのことだけが書いてある

優太が特殊メーキャップ/現代アートの辻一弘さんの自伝「顔に魅せられた人生」を中学校の図書室で見つけて、朝自習の時に読んでたんだ、と持って帰ってきた。 おお、これ読みたかったやつだよ、と思い、早速借りてぱらぱらとめくって見たら、あまりに面白す…

「ホイットニー 本当の自分でいさせて」

2017年アメリカ・イギリス合作/原題:Whitney "Can I be me"/ニック・ブルームフィールド監督/105分/Netflix配給作品 今劇場公開されているホイットニー・ヒューストンのドキュメンタリー「ホイットニー オールウェイズ・ラブ・ユー」のたった1年前に製…

対話の学習、人の意識と組織の考察

昨夜は、自治会の会合だった。 事情を分かってない、空気読めないキャラも逆手にとりつつ、素朴な体で「こうすれば?」を自分なりに言ってきたが、数ヶ月経って色々と見えてくるものもあり、昨日の帰り道はいささかしょんぼりしてしまった。 以前、うちに遊…

麺や渦雷

全豪オープンが始まっていて、大坂選手と錦織選手の試合が立て続けだから、朝から半日試合を見てしまい、楽しいんだけど不毛な土曜日。 合間に近所のスーパーに大根を引き取りに行き、明日の餅つき大会用の大根7本をおっちんと刻む。ひゃーたくさんだった。 …

「わたしは、マリア・カラス」

2017年フランス作品/原題:Maria by Callas/トム・ボルフ監督/114分/日本公開2018年12月21日〜 今年重点的に見ようと思っている音楽映画。これはドキュメンタリー。 劇映画も過去に作られていて、(「永遠のマリア・カラス」2003年製作)劇中のマリアの…

風邪引きさん

三連休最後の日。 昨日からのどが痛いと言っていた下の娘おっちんが、真っ赤な頬をして起き出して来た。 「あらー熱の顔だね」といって、温かい服を着せ、リビングに寝床を作り、はちみつと生姜入りのミルクティーを作って飲ませる。 おととしくらいから我が…

餅つき打ち合わせ

昨夜は、自治会のお餅つきの担当役員打ち合わせ。 昼間は、強制参加とかやってらんねーぜ、ああ行きたくなーい!と言ってぶうぶうモードだったのだけど、私は役員会で毎回のようにクレームの報告や苦役廃止の提案をしている上、おじいさんたちとメールのやり…

負の連鎖

もう順調にテレビなし生活に突入している我が家。(さっそくNHKを解約して、これは心からせいせいしている) テレビ処分前に見た、安楽死の必要を訴えているがん患者で写真家の幡野広志さんを取り上げた「クローズアップ現代」もまだ記憶に新しいなか、今朝…

音楽と映像について

今日はこれから映画館へ。マリア・カラスのドキュメンタリー。昨年から見たくて行けてなかった、またも音楽映画。 昨年末「ボヘミアン・ラプソディー」や「アリー スター誕生」を見て、改めて言葉で理屈づけできない音楽の持つ力の強さを感じた。 自分は地味…

「ラストエンペラー」

早朝から取材で、10時前にはもう帰って来た。一日が長く感じるなあ。 でも、寝坊しないか、弁当も作り終えられるかと心配で、眠りが浅くて困った。今後は近場でも早朝はお断りだな。 今日も午後からヨガ。 「ラストエンペラー」、川喜多記念館にて鑑賞。 鎌…