読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・みずうみ

小さく平凡な毎日の中で、自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

「0.5ミリ」「百円の恋」

映画は劇場でみるのがやっぱり好きだし、日々時間に余裕もないと、家で見る映画は減る一方。相当放置されていたNetflix、もったいないから解約しよう、という話になり、その前にと気になっていた一本を見る。 安藤桃子監督の「0.5ミリ」。ものすごく良くて、…

「LA LA LAND」

今日で4月もおしまい。 なので、今月の映画たち。 「LA LA LAND」 みんな大好き「ラ・ラ・ランド」。私もものすごい好きでした。1回目、娘と見に行ったけれど、こんなに分かりやすいストレートな映画、と大人の感覚では思うものの、10歳には機微っちゅーもん…

アスレチックへ

息子が陸上部になってから、とても良い生活サイクルになった。 顧問の先生がバランス感覚のある方なので、やるべき時はやりながら、しっかり休みもあるというスタイル。 この中学のほかの体育会系、そして吹奏楽部のように、ひたすら休みがなくて、伸びたゴ…

怒濤のインタビュー月間

昨日、今日と、だんなさんが京都なので、落ち着いてひとつひとつ仕事の山をやっつけている。 電磁波で頭と目が心配だー。 色々ブログに書きたい事が、日々たまって行くのに、いざちょっとした時間ができても、抜け殻状態で、もう何にも思い出せない、という…

なんかかんかと

風はひんやりするけど、どこもかしこも春の息吹で溢れている、というかんじ。 桜が散ったのと入れ替わりに、我が家の庭のフォレストパンジーが花盛り。10年経たずにこんな大木になり、毎年素晴らしい姿を見せてくれる。ほんとにありがとう、と思う。 このと…

テレビなし実験

昨夜は冬のパジャマが暑苦しくって、寝室で脱いでTシャツ一枚で寝たけど、平気だった。もう春なんだなあ。 今日はこれから自由が丘に取材。 自由が丘、ほんとに久しぶり。でも、せっかくだからあすこへ行きたい、ここも行きたいということが全然ない。ぶらぶ…

牯嶺街少年殺人事件

先月見た、印象深い2作品のうちのひとつ。 「牯嶺街少年殺人事件」 3時間56分、トイレに行きたくなったらどうしようとどきどきしながら見た。杞憂に終わる。 優れた映画は、多かれ少なかれ、その映画の世界にトリップしたような感覚を抱かせるものだけれど…

朝からしとしとと雨。冷え込む。 もうしまおうと思っていたストーブに火を入れた。 昨日はインタビューで新橋。 しばらくインタビューしていなかったので、緊張した。でも、今回のインタビュイーは朗らかで気取りのないおじさまで良かった。 色々な人が色々…

帰省

ぷはー。つ、つかれた。 1週間のスキー&帰省の旅から、無事帰宅。 今回はだんなさんもいたので、色々と気を遣った。 でもだんなさんはわたしの10倍くらい、気を遣ったことだろうな。 年々実家がしんどく、故郷の町はどんどん遠くなる。 好むと好まざるとに…

春休み

あっという間に春休み。 来週早々から、スキー旅行をからめて関西に帰省するので、色々と慌ただしい。 遠乗りするからと車を点検に出したら、想像以上のポンコツで、いつどこで何が起こってもおかしくない、と脅される。 仕方なくレンタカーを手配することに…

雑記(週後半)

金曜日、日比谷にて新作劇場用アニメの試写。映画はまずまず。しかし、アニメは難しい。好きな人は本当に好きなので、知識のあるなし、愛の深さの違い で、「ツボ」が全然変わってきてしまうので。私のように、ごくオーソドックスなものしか見ない、予備知識…

雑記(週前半)

おお、気がつけば3月も終わりに差し掛かっている。 ああ、光陰矢の如し。 ここ一週間の備忘録含め、雑記。 火曜日、雨の中、たまーーーに会う、唯一の小学校ご近所仲間、SちゃんMちゃんと駅前のオーガニックレストランでランチ。 情報通のSちゃんに、ここぞ…

ただメモ

インディアンウェルズ始まり。昨日は日が変わる前に寝て、5時前に起き出したけど、中継間に合わず。サマータイム〜。でも、あっさりストレート勝ちで何より。 それより、西岡選手がカルロビッチに勝ったのびっくりだ。次はベルディッチか!うーーん、いや!…

鎌倉へ

昨日はいちんち友だちと鎌倉へ、気晴らしおでかけ。 雪ノ下の「ベルグフェルド」でランチして、報国寺をのんびりおしゃべりしながら散策。 報国寺は京都っぽい空間で、大学生が春休みだからか、すごく混雑していたけれど、良い「気」の場所で、とりとめない…

底をつく

不器用で、新しい生活サイクルに馴染めぬまま試行錯誤の日々。 デイサービスも辞めたし、仕事がんばらねば、と思ってちょっと頑張りすぎてしまっていたみたい。 常に頭の片隅に「未消化案件」と書いた札がぺたっと貼られているような感覚があって、知らず知…

今年も確定申告

春の気配を感じつつも、ぞわぞわと寒く、首にホッカイロをしこんで仕事をしている。 まずは、確定申告だ!早いとこ終わらせねばならぬ。 数字が何より苦手で、役員仕事でも会計だけはかんべんして〜!と他の役に変えてもらっているくらいで、普段は家計簿す…

目の前の桃だけ拾うおばあさん

だんだんと、春のきざし。 日曜は久々に家族4人で親水公園。 早咲きの桜は、もう葉桜になりかけていた。 風が強くてバドミントンできず、サッカーしたり、テニスをしたり。 男ふたりはキャッチボールを始めたので、 女ふたりはちょっとアスレチックで遊んで…

「たかが世界の終わり」

昨日は一日偏頭痛がひどくて、体調が悪い訳でもないのになんでだろうと思っていたら、きっと気圧のせいだと言われ、なるほど。いちんち風がごうごうだったからなあ。台風の時に頭が痛くなるあのかんじと確かに似ていた。 今朝起きたら、風はおさまり、頭痛も…

心を助けてくれるもの

今日も午前中はこりこりと原稿書きして、4時からもう、呑んじゃっております。 今日は学校があったので。「明日、授業参観て分かってる?おっちん詩の発表をするんだよ」という殺し文句で、「そりゃあもう」と笑顔で答えつつ、内心そうとうしぶしぶ学校へ。…

今日から期末テストらしい

週半ば。今日、明日と中学校の期末テスト。 息子は大して勉強もしていないのに、「今日は数学かあー、ちょっと楽しみ!」とうきうきしながら学校へ行ってしまった。 言うまでもなく、成績は普通に中の下!です。 昨日も「ジム・ボタンと13人の海賊」をずっと…

内田先生の話を聴きにいく

おととい、ツイッターをぼーっと見ていたら、フォローしている内田樹先生のツイートに「藤沢の講演の準備」とあって、ナヌ、藤沢? 調べてみると日曜の午後から確かに藤沢で講演をやるとのことで、満席との表示だったけれど、だめもとで電話したらキャンセル…

「カルテット」「湯を沸かすほどの熱い愛」

今、札幌のだんなさんとおやすみと言い合って電話を切ったところ。 最近、長い間地方へ行ってしまっても、あんまり電話をしなくなったな。 顔を合わせればそれなりに話すけれど、電話はもうあんまりしない。 松たか子の名曲「おやすみ」のような心境に、また…

1月いろいろ

あらら、もう1月もおしまい。 今日は昼からお父さんちへ。 14日にお父さんの飼い犬のハッピーが死んでしまって、お花を供えに。 そして、しばらくしたら庭にお墓を作って埋めるというので、もう何年も放置状態の荒れ果てた庭をこの際さっぱりしようと、うち…

La La Land

新学期が始まった。 だんなさんはMAで代々木へ。 みんなが慌ただしくいなくなって、久々の一人時間。 きりりと寒いが、さてやるぞ、と気合いが入るなあ。 今週は締切2本とインタビューが1件。 賞レースにはそれほど興味はないものの、昨日のゴールデングロ…

「ピクサー流 創造する力」エド・キャットムル著

今日で冬休みもおしまい。 正月気分は年々短く、お正月らしいぽっかり感はなく、ただの長期休みだったなあという感じ。風情がないことだが、仕方ない。 子どもたちが学校へ行けば、さて今年がはじまるぞ、という気持ち。 フットワーク軽く、ひとつずつやって…

庭に手を入れる

お正月休みも残すところわずか。 友だちからも、妹からも、「休み長っ!早く終わってほしい〜」という叫びのメールが。まあ確かに持て余すわなあ。 我が家もだんなは缶詰、息子は部活(今週で終わるけど)で身動き取れない微妙な休みだ。つい仕事をしてしま…

地味にこつこつ

三が日明けて、もうなんだか平日気分。 今日は息子も朝から部活へ行き、私も午前中は仕事、午後はさくっとヨガにも行く予定。 普段、とりたてて信心深いわけではないんだけれど、何気なく「今年の運勢」をネットで見たら、私、大殺界中なのらしい。 何をやっ…

静かなお正月

事もなく、2017年が始動。 年が明けてすぐ、熊野神社へふたりでお参り。深夜の焚き火と甘酒、ムードがあっていいかんじだった。 神社というところは、感謝をしに来るところで、願い事をしに来るところではないんだそうだ。と、直前にだんなさんが言っていた…

ゆく年くる年

掃除機の音で目が覚めた朝。朝7時から、子どもたちがリビングを大掃除している。昨日は、洗面所、庭、子供部屋、トイレ、窓を大掃除してくれて、今日はリビング、寝室をやってくれた。もういいってと言ってもやめない過剰な人たち。 おかげで私はおせち料理…

あと2日

きりりと寒いがお天気。庭のユーカリの大木は、冬場の鳥たちの憩いの場所になっていて、ギーギーとひよどりがかしましい。 ああ、今年もあと2日でおしまい。 ゆっくり今年を総括する文章を書けたらと思うけれど、我が家のわなわなな子どもたちもいるので、お…

今年のクリスマス

今年のクリスマス備忘録。 あまりにクリスマス感が薄かったため、子どもたちへのプレゼントの準備も滑り込み。まさかのアマゾンから24日に届かない連絡が。 下の子はまだ微妙ながらもサンタを信じているので、困った困ったどうしようと思案の結果、だんなさ…

冬休み

さて、いよいよ冬休み。 今年は実家に帰らない年越しなので、じっくり腰を据えて、家の事をして過ごそう。 だんなさんは朝から東京へ。インドネシアから友だちファミリーが来ているので、今日は夕方まで彼らのアテンド。 ザ・ロイヤルファミリーな彼らは、去…

8日ぶり

年末感薄い。年々薄い。つまらんのう。 ばたばたしてるからなんだろうか、クリスマスって感じがちょっともしない。娘にせかされて、クリスマスツリーも飾っているし、手づくりのクリスマスリースだって玄関にかけてあるのに。 子どもたちのクリスマスプレゼ…

西加奈子「i」

朝から広報の仕事で印刷所→中学校へ。ようやっと終わった〜。 打ち上げたい!それも会議室に持ち寄りは嫌だ!外のレストランで、アルコールもなくっちゃ!と、はしゃぐにこにこ顔のみんなを見ていて、ああ、みんな楽しくやってくれたんだな、良かった、と心…

「誰のせいでもない」

ヴィム・ヴェンダースが監督した、セバスチャン・サルガドのとても美しいドキュメンタリーを最近見て、自分の中で「パリ・テキサス」のままである意味止まっていたこの監督が、自分が熱心にフォローしてこなかった「パリ・テキ」後もずっと、メーンストリー…

東京

昨夜は、お仕事忘年会。 ものすごい億劫だけど、顔を合わして言葉を交わしていると、その後のお仕事が全然スムーズなので、まあたまにはしょうがないかと。 でも、面白い出会いがたくさんあって、新鮮で、意外と楽しかった。 せっかく東京に出るからと、昼の…

どんどんおかしな国になっていく

静かな日曜日の朝。これといった用事もなく、師走の浮き立ちはないものの、ぽかんとした休日感だけがある。昨日はついに家から一歩も出なかったなあ。 生理中なので、大掃除をする気にもなれないし、母子だけでのびのび、だらだらとしている。でも、ちょこっ…

部活よ、どこへ向かうのか

昨日からだんなさんも高知へ行ってしまい、母子家庭始まる。いきなり部屋が汚い。 さすがに嫌になって、朝からさくさく家事をする。 「家事とは詰まるところ後片付けの連続であり、後片付けのない家事は存在しない」という村上さんの名言を胸に、とにかく元…

「ハッピーエンドの選び方」

娘があまりにも勧めるので、一枚だけ「極暖」ヒートテックなるものを買ってみたら、やはり温かい。洗濯が乾くと探してまたすぐに着るというサイクルになっているので、もう一枚買い足そう、と決定。 今日はこれから元女社長とおでかけ。働き者は朝が早いので…

リーダーってなんだ

昨日はいちんちフル稼働で、早朝から暗くなるまで、どろどろになって無事「お餅つき」をやりきった。 満点ではないにせよ、何はともあれみんなえらかった。 メンバーが良かったから、しんどい中でも楽しくできた。感謝。 高校時代クラスメイトに「金魚のフン…

機嫌がいい

昨日はデイサービス。献立は、 ・鶏肉と大豆と椎茸の中華風煮込み ・搾菜と大根、胡瓜のごま油和え ・さつまいものバター醤油煮 ・白菜と長葱の味噌汁 ・ごはん ・みかんゼリー だった。人数が多かったのでちょっと焦ったけど、ふたを開けたら時間が余った。…

結婚記念日

火曜日は結婚記念日で、長谷寺で紅葉を見てから由比ケ浜のイタリアンでご飯を食べた。もう、デート的に盛り上がるなんてことはないのだけれど、何はともあれ元気で、好きな時に好きなところへ行けるのは有り難いことだねえ、と言い合う。もうほとんど老夫婦…

謎な人々

寒い、寒い朝。 外が真っ暗で、起きる気がしなかった。 娘は毎日きっかり6時半に目覚ましをかけて、他の皆を起こさぬよう、そろりそろりと寝室を出て行く。 私はその気配で少しずつ目を覚まして、布団の中でしばしもぞもぞしたり、伸びをしたりして、7時過ぎ…

「愛さえあれば」「オデッセイ」

「愛さえあれば」 「未来を生きる君たちへ」がすごく好きだった、スウェーデンの女性監督、スサンネ・ビアのロマンチック・コメディとのことで、ピアース・ブロスナンではあったけれど、きっと面白いだろうと思って。が!近年にない驚きの期待はずれ感であっ…

土曜日

朝から地域の公民館の音楽祭へ。 小学校の音楽クラブで出演する娘が、最近朝練、昼練とがんばっていたので。 狭い公民館、30人以上の部員はみんな小さな女の子たちで、週末だから、みんな両親が見に来ており、会場はぎっしり。知った顔もちらほら。 そういう…

自分の中のスペース

天気予報通り、朝起きたら雪。しんしんと冷える。 乾き切っていない洗濯物はだんなさんが取り込んでおいてくれたけれど、朝、カーテンを開けてみると、バスマットがひとつ取り残され、みじめに濡れて雪をかぶってひっかかっている。取りに行く気になれないな…

「この世界の片隅に」「その日東京駅五時二十五分発」

今日は祝日だというのに、祝日だからこそのボーイスカウト役員集まり。皆仕事とかあって、なかなか日が合わないから。 半月後に、年に一度の大イベントお餅つき。早朝から夜まで、それこそどろどろになって働く2日間。今年でやっとこお役御免だ! 去年は雨、…

さてさて

昨日は、ボーイスカウトの総会。終わった後は、みんなで団長の家でBBQをごちそうになった。肉が美味すぎて、腹八分目を忘れてがっついてしまった・・・ 私は早々においとまして、久々に家族4人でコンサートに行く予定だったのだけど、家で留守番中の娘がぐ…

聞きに行く

雨降りの土曜日。 息子は土曜参観で学校へ。 私はお弁当づくりもあるし、テニスの錦織―チリッチ戦も見たかったので、早起き。 またも残念な負け方をして、朝から元気がちょっとなくなってしまった。 インタビュー込みのニュース記事、時事ネタ的なものを書い…

秋晴れ、映画へ

さわやかな秋晴れ。 庭のシンボルツリーは、黄色い葉をすごい勢いで散らして行く。もうすぐ全部なくなってしまうだろう。 こないだ落ち葉掃きをして、落ち葉を焚き火にして焼き芋を焼いたけど、またできるくらいに落ち葉が積もっている。 今日はこれからだん…